ホーム > 市川市動植物園飼育日誌(2017年3月)


市川市動植物園飼育日誌(2017年3月)

印刷する
更新日: 2017年3月31日

タヌキの恋

タヌキのオス、ムクはメスのシズカと仲が良かったのですが、しつこくしてしまったせいか嫌われて、今は別々に暮らしています。時々、扉越しに会いたそうにしているムクの後ろ姿がちょっと寂しげです…
タヌキの画像

仲良し…?

「流しカワウソ」のコーナーにいるカワウソは、オスの兄弟2頭です。こんな風に一緒にごろごろしたり、くっついて寝ていたり、仲むつまじいように見えますが、突然ケンカになったりします。複雑なお年頃?なのかもしれません。
コツメカワウソの画像

カラスの巣

オランウータン第2放飼場前のケヤキにカラスが巣をつくってしまいました。作ったばかりなので今のうちに撤去することになりました。カラスには申し訳ないのですがね。
作業中
カラスの巣の撤去の画像
見ている母子
撤去作業を見ているオランウータン母子の画像

手先が器用です

コツメカワウソは手(前肢)を使って遊ぶのが大好きです。寝転がりながら小石で遊ぶ様子がよく見られます。
この季節は春の日差しの中で気持ちよさそうですね。
2個、3個と同時に扱うのもお手のものです。
コツメカワウソの画像1
コツメカワウソの画像2
コツメカワウソの画像3

同居

3月13日(月)、7年ぶりにイーバンとスーミーを一緒にしました。7年前もそうでしたがイーバンは10分くらいなぜかスーミーの所へは行きません。そして、ゆっくりと近づいて交尾をします。だいたい30分かかりますが、この日は45分かかっていました。交尾が終わるとイーバンはゆっくりと自分の部屋へ帰ります。紳士ですね。
オランウータンの同居の画像

お散歩日和になりました

朝晩はまだまだ寒いですが、日中は暖かい日が増えてきてケヅメリクガメのアンディーくんも活動的になってきました。エサの食いも上がり催促する時もでてきました。
ケヅメリクガメのアンディの画像
散歩は、いつもやっているわけではないので園内で見かけられたときはラッキーかもしれませんね。

いますよ

クロキツネザル舎の前にはこんな看板が出ています・・・
クロキツネザルの看板の画像
「でも高いところにもいないじゃん!!」という時は・・・
クロキツネザルが見あたらない画像
「よーく見るとどこかにいる」はずですので・・・
クロキツネザルがいた画像
ちょっとよく探してみてくださいね。

過去の飼育日誌から