ホーム > 市川市動植物園飼育日誌(2017年9月)


市川市動植物園飼育日誌(2017年9月)

印刷する
更新日: 2017年9月30日

サル山ご長寿紹介パスタおばあちゃん

 以前紹介した最年長の「シズク」に次ぐご長寿が「パスタ」おばあちゃんです。
パスタはシズクの1才年下、1983年生れの34才です。今年一月までは群れ
でくらしていましたが、少々体力が落ち、目も悪くなったのでシズクとともに
バックヤードで生活することになりました。
 サル山で動植物園開園30年を見続けたのが、この2頭です。
 まだまだ元気で長生きしてもらいたいです!
パスタおばあちゃん
パスタの画像
向かって右がパスタ・左がシズク
シズクとパスタの画像

カメのお腹は…?

普段見られない、カメの「お腹」はどうなっているのでしょうか。インドホシガメ親子の腹甲(甲羅のお腹側)の写真を撮ってみました。子どもの方は背中に負けない鮮やかな模様がありますが、お母さんは色が薄くて模様がはっきりしません。ずいぶん違いますね。個体差なのか、それとも大人になると色が薄くなるのか…?また期間をおいて確かめてみたいと思います。
インドホシガメの仔どもです
インドホシガメの仔の背甲の画像
お腹はこんな感じ
インドホシガメの仔の腹甲の画像
お母さんのお腹です
インドホシガメのお母さんの腹甲の画像

シロフクロウが亡くなりました

8月20日、シロフクロウのシロ(雄)が亡くなりました。原因調査の為報告が遅くなりましたが、死因は「リンパ腫」と判明しました。

なかよし広場で多くの皆様に愛されました。ありがとうございました。
シロフクロウの画像

カワウソゥ選挙、エントリーNo.2 マロン(雌)

獲物を取る習性を利用し、細いパイプから出した手で来園者と握手する「握手カワウソ」の中心メンバー。サービス精神があり長い時間握手してくれます。その反面、意外に臆病なところも・・・

カワウソゥ選挙のサイトはこちら。投票よろしくお願いします!
コツメカワウソのマロンの画像
コツメカワウソと握手の画像

カワウソゥ選挙、エントリーNo.1 ナオ(雄)

当園オリジナルの遊具で遊び、半円状のパイプを流れる姿から「流しカワウソ」として話題を集める人気者です。好奇心旺盛で遊び好き。泳ぎが得意です。
投票よろしくお願いします!
カワウソゥ選挙のサイトはこちらです
流れているコツメカワウソの画像
コツメカワウソの画像

ニホンイシガメが産まれました!

9月12日に、ニホンイシガメが孵化しました。繁殖はなんと7年ぶり。久しぶりの赤ちゃんの誕生です。写真は孵化した次の日のもので、500円玉より少し大きいくらい。成長速度は遅く、これから数年かけて大人になっていきます。
壁をよじ登ろうと頑張っています
イシガメの赤ちゃんの画像
500円玉より一回り大きいです
500円玉とイシガメの赤ちゃんの画像

カワウソゥ選挙始まりました

ついにカワウソゥ選挙が始まりました。当園からも、コツメカワウソ2頭(雄のナオ、雌のマロン)がエントリーしています。                    
カワウソ舎にも案内看板を設置しましたので、皆さまぜひ投票をよろしくお願いします。
カワウソゥ選挙看板の写真

ポニー三すくみ

いまのところ、てんてんはマキに強く、マキはベニーに強く、ベニーはてんてんに強い・・・ときどき下克上もありますが、だいたいこんな感じです。
奥がてんてん、手前左がマキ、右がベニーです
ポニー3頭の画像

身長?測定

ホシガメたちの甲羅の長さをはかりました。写真はインドホシガメのお母さん。約30センチメートルでした。去年の10月より約7センチ長くなってます。
インドホシガメの画像

過去の飼育日誌から