ホーム > 市川市動植物園飼育日誌(2018年1月)


市川市動植物園飼育日誌(2018年1月)

印刷する
更新日: 2018年1月30日

テル(レッサーパンダ)が来園

2月1日、レッサーパンダのテル(メス)が浜松市動物園より来園します。
しばらくは健康診断(検疫)を行います。
公開の日程が決まりましたらお知らせいたします。

雪の日

オランウータンはなぜか雪が大好きです。遊ぶのではなく口に入れて
「ブジューッ」とするのがいいみたいです。口の中が気持ちいいのかもしれません。
オランウータンのスーミーの画像
オランウータンのリリーの画像

だっ、誰だ?

えっ、これ何!?と思ってしまうようなこの写真。どうやら動物がかくれんぼしていて、手だけを出しているようです。いったいその動物とは・・・?
なんだんだ、これは?
麻袋に動物が隠れている画像
正解は、オランウータンのリリーちゃんでした。とっても可愛らしいこのような行動はよく見られますので、みなさまご来園の際にはぜひ観察してみてください!
やっぱりきみか、リリー
オランウータンの画像

新たな隠れ家!?

いつもは刻んでからウズラに与えている小松菜。吊るしてあげてみたところこんな感じになりました。これで隠れているつもりなのでしょうか・・・?
ウズラの画像

大きなお腹

この日は気温も高く布を置きっぱなしでした。穏やかな天気が続くとありがたいです。
オランウータンの画像

寒さ対策

妊娠中のスーミー、最近はずっと布をかぶって寒さをしのいでいます。
布の奥からちらっとお客さんをみるしぐさが、かわいいと評判です。
オランウータンの画像

新しい仲間!

新しく、ウシが仲間入りしました!来月で1歳の女の子です。

もうしばらくは「検疫」といって、健康状態を確認する期間の為お部屋の中でずっと過ごしますが、無事に検疫終了後、放飼場にてみなさまにも間近でご覧いただけます。
楽しみにお待ちください!
ウシの画像
ウシの画像

休園日の動物たち

休園日も、動物たちは開園日と変わらぬ様子で過ごしています。ですが、いつもよりも静かなので、よりいっそうのんびりと過ごしている感じがします。
コツメカワウソの画像
コツメカワウソの画像

動物の身体検査

獣医さんのお仕事というと、注射を打ったり手術を行ったりといったイメージがあるかもしれませんが、その他にもたくさんあります。その1つがレントゲン撮影。
分かる範囲は限られますが、骨の異常や、内臓の状態等を確認することができます。

お腹がかなり張ってしまっていたこのモルモットは、レントゲンを撮ってみると腸にガスがたまっていることが分かりました。こんな風に検査をして、治療方針を決めます。

飼育日誌特別版「獣医日誌」より

寄り添って暖まってます

冬の季節も本格的になり、日中晴れていても空気が冷たく寒いですね。

私たちはコートなどを着て寒さをしのいでいますが、動物たちは代わりにふわふわの被毛に守られ、また仲間と一緒に暮らしていればこのようにくっついて暖をとることがあります。もちろん、寒さだけでなく、仲間意識からくっついていることもあります。
ウサギの画像

カメの体重測定

健康管理のため、時々インドホシガメたちの体重を量っています。体重計の上に乗せて、数値が定まるのを待つのですが、なかなかおとなしくしていてはくれません。もっと深い入れ物に入れて乗せるのがよさそうです。
インドホシガメの画像
インドホシガメの画像

Happy New Year!!

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2018年はイヌ年。当園にいるイヌの仲間は、タヌキとフェネックです。彼らをはじめ、どの動物たちも、今年もたくさんの方々が会いにいらしてくださるのを楽しみにしております!

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
タヌキのムクとシズカ
タヌキの画像
フェネックのサンとムーン
フェネックの画像

過去の飼育日誌から