ホーム > 暮らし > 暮らしのできごと > 入園・入学 > 保育園入園の手続き > 寡婦(夫)控除みなし特例のご案内

寡婦(夫)控除みなし特例のご案内

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年4月8日
市川市では、「婚姻歴のないひとり親家庭」の利用者負担額(保育料)を軽減する制度(「寡婦(夫)控除のみなし特例」)を実施しています。

みなし特例の内容

保護者のみなし特例申請に基づき、寡婦(夫)控除があるものとして利用者負担額(保育料)算定を行うもの

対象となる利用者負担額(保育料)

子ども・子育て支援新制度の給付対象となる幼稚園、保育所、認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業及び事業所内保育事業の利用者負担額(保育料)

対象者

現況日(所得を計算する年の12月31日)及び申請日時点において、次の1~3のいずれかに該当する方

1 婚姻によらずに母となっており、婚姻歴がなく、生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(事実婚を含む)していない方

2 1であり、かつ、20歳未満の子を税法上扶養しており、母の合計所得金額が、500万円以下である。【寡婦(特定)控除の対象】

3 婚姻によらずに父となっており、婚姻歴がなく、生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(事実婚を含む)していない方。また、父の合計所得金額が、500万円以下である。
 
※お子様が各適用期間の現況日後に生まれた方は、当該適用期間については対象外となります。
※婚姻歴がある人等、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は対象外です。
 

申請方法

寡婦(夫)控除のみなし特例申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類とともにこども入園課にご提出ください。
申請のあった月の翌月から適用となります。
※年度ごとに手続きが必要です。

申請書類
寡婦(夫)控除のみなし特例申請書(PDF)

添付書類

戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)3ヶ月以内に発行したもの

その他

・みなし寡婦(夫)特例を受けても利用者負担額(保育料)が変わらないこともあります。

・保護者の所得状況等により、次の表のとおり所得控除額を計算します。

寡婦(夫)、所得金額、控除額の表
 
  寡婦(特定) 寡婦(一般) 寡夫
合計所得金額 500万円以下 500万円を超える場合 500万円以下
市民税の控除額 30万円 26万円 26万円

「市民税の控除額」は、所得控除額であり、税額が当該金額分減額されるものではありません。

・合計所得金額が125万円以下(給与所得のみの場合、給与収入が約204万円まで)の方は、非課税の扱いとなります。

・みなし特例を受けても、税額そのものは変更になりません。
 
所得、世帯状況等の変更や要件を満たさなくなった場合は、すみやかにこども入園課まで届出をしてください。 届出が遅れた場合、遡って利用者負担額(保育料)を請求させていただく場合があります。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 こども施設入園課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
入園グループ(保育園・幼稚園の入園に関すること) 電話:047-711-1785
事業管理グループ(簡易保育園・幼稚園に関すること) 電話:047-704-0255
子育てナビ 電話:047-711-0135
FAX:047-711-1840(共通)