更新日: 2023年3月10日

マスク着用の考え方の見直しについて

マスクの着用は個人の判断が基本となります

厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症対策としてのマスクの着用の考え方が見直され、令和5年3月13日(月)からマスクの着用は個人の判断が基本となることが示されました。

本人の意思に反してマスクの着脱を強いることのないよう、また個人の主体的な判断が尊重されるよう、ご配慮をお願いします。

着用が効果的な場面

高齢者など重症化リスクの高い方への感染を防ぐため、下記の場面では、マスクの着用が推奨されています。

○医療機関を受診するとき
○高齢者等重症化リスクの高い方が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設等を訪問するとき
○通勤ラッシュ時等、混雑した電車やバス(※)に乗車するとき(当面の取扱い)
 ※概ね全員の着席が可能であるもの(新幹線、通勤ライナー、高速バス等)を除く
○新型コロナウイルス感染症の流行期に重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方、妊婦の方)が混雑した場所に行くとき

症状がある場合等の対応

症状がある方、新型コロナウイルス感染症の検査陽性の方、同居家族に陽性者がいる方は、周囲に感染を広げないため、外出を控えましょう。
通院等やむを得ず外出をするときには、人混みは避け、マスクを着用しましょう。

事業者における対応

マスクの着用は個人の判断に委ねられるものではありますが、事業者が感染対策上または事業場の理由等により、利用者または従業員にマスクの着用を求める場合や従業員がマスクを着用している場合があります。

基本的感染対策

マスク着用の考え方の見直し後であっても、引き続き、「換気」、「三つの密」の回避、「人と人との距離の確保」、「手洗い等の手指衛生」等を行いましょう。

留意事項

感染が大きく拡大している場合には、一時的に場面に応じた適切なマスクの着用を広く呼びかけるなど、より強い感染対策を求めることがあり得ます。
※ただし、そのような場合においても、子どものマスク着用については、健康面等への影響も懸念されており、引き続き、保護者や周りの大人が個々の子どもの体調に十分注意する必要があります。

関連ファイル

【厚生労働省】マスク着用の考え方の見直し等について(令和5年3月 13 日以降の取扱い)

【厚生労働省】ポスターデータ

【千葉県】ポスターデータ