更新日: 2022年6月1日

市川市学習交流施設 市本(いちぼん)

令和3年11月3日(水曜)に市川市学習交流施設 「市本(いちぼん)」がオープンしました。
主に社会人や大学生の方を対象に、本を介した学びと交流を促進し、働きながらも学び続けていける環境の醸成や新たな交流の機会創出を目的とした施設です。
気になる本を読んだり本に関するイベントに参加するなどの新たな学びと交流の機会を提供します。仕事や学校帰りに、ぜひお立ち寄りください。

施設のコンセプト

毎月テーマに沿った本と出会える

毎月ひとつのテーマを設定し、関連があれば学術書、新書、小説、マンガ、雑誌などジャンルを問わず本を紹介します。

★6月のテーマは「記録が語ること」です。

語り継ぐこと、書き留めること。それが自分以外の誰かに向けられたものであっても、そうでなくても、記録として残されたものをたどると、そこには人の心に触れるなにかがあります。
聞き書き・伝承の物語から、日記や生活史、写真まで。記されたことの行間を読みたくなる本を集めました。

令和4年5月のテーマは「音を楽しむ」でした。(紹介した本はこちら
令和4年4月のテーマは「幸せって何だろう」でした。(紹介した本はこちら
令和4年3月のテーマは「多様性ってどんなこと?」」でした。(紹介した本はこちら
令和4年2月のテーマは「食べるを育む」でした。(紹介した本はこちら)
令和4年1月のテーマは「書くことをはじめよう」でした。(紹介した本はこちら)
令和3年12月のテーマは「川に学ぶ」でした。(紹介した本はこちら)
令和3年11月のテーマは「読書のたのしみ」でした。(紹介した本はこちら)

本を介した学びと交流

読書会や講演など、毎月のテーマにまつわるイベントを開催します。
本を介した学びとともに、参加者が楽しみながら交流できる企画を実施していきます。
また、1日1冊テーマにまつわる本をSNSで紹介します。

市本インスタグラム 0000380748
Instagram
市本ツイッター
twitter

学びと交流を育む居心地良い空間

窓側にあるカウンター席は、一人で居心地良く過ごすのに最適な空間です。
また、コミュニティマネージャーと呼ばれるスタッフが、新しい本との出会いや交流の機会づくりをサポートします。
市川駅北口徒歩1分の立地で、仕事や学校帰りに立ち寄ることができます。

基本情報

開館日
火曜日から日曜日
休館日
毎週月曜日、祝日、年末年始
開館時間
午前11時から午後9時
住所
市川市市川1-1-1(旧:観光物産案内所)
その他
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入館人数を制限する場合があります。
館内でもマスクの着用、入館時の検温及び手指の消毒にご協力ください。
専用の駐車場や駐輪場はありません。

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市教育委員会 生涯学習部 社会教育課

〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号

電話
047-320-3343
FAX
047-320-3344