更新日: 2022年7月8日

平常時の救命処置の手順[1](心肺蘇生法について)

心肺蘇生法

1 安全を確認する

  • 倒れている人を目撃したり、倒れている人を発見した場合は、近寄る前に周囲の安全を確認します。
 

2 反応(意識)の確認

  • 肩をやさしくたたきながら、大声で呼びかけて、何らかの応答や目的のあるしぐさがなければ「反応なし」とします。 
  • 反応がない場合や、反応があるかないかの判断に迷う場合、または、わからない場合は心停止の可能性があります。その場で、大声で叫んで応援を呼びます。  

3 119番通報と協力者への依頼

  • 助けを求め、119番通報とAEDを持ってくるよう依頼します。
    119番通報の時には意識のないことも伝えましょう。
   ※電話のスピーカー機能などを活用すれば、指令員の口頭指導を受けながら胸骨圧迫を
    行うことができます。

4 呼吸の確認

  • 胸と腹部の上下運動があるかないかを見て、10秒以内に呼吸の確認をします。
  • 呼吸がない場合、胸や腹部の動きがわからない場合、呼吸の状態がわからない場合、普段どおりでない呼吸(しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸)がみられる場合は、心停止と判断して胸骨圧迫を始めます。

5 胸骨圧迫

  • 胸の真ん中にある胸骨の下半分に片方の手の付け根を置きます。
  • 他方の手をその上に重ねます。
  • 両手の指を互いに組むと、より力が集中します。
  • 両肘をまっすぐに伸ばして手の付け根部分に体重をかけ、真上から垂直に傷病者の胸が約5センチ沈むまでしっかり圧迫します。
  • 1分間に100回~120回の速いテンポで絶え間なく圧迫します。

6 気道確保と人工呼吸

  ※救助者が人工呼吸の訓練を受けていて、人工呼吸をする技術と意思があるときには、
   胸骨圧迫と人工呼吸を30:2の比で行います。
    (人工呼吸に自信がない場合や、人工呼吸がためらわれる場合は、人工呼吸を省略し
     胸骨圧迫だけを続けます。)
  
  •  片手を額に当て、もう一方の手を人差し指と中指の2本をあご先の骨のある硬い部分に当てて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先を上げます。この方法を頭部後屈あご先挙上法といいます。 
  • 気道確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で鼻をつまみます。
  • 傷病者の口を覆い、空気が漏れないように吹き込みます。
  • 1回の吹き込み時間は約1秒かけて、静かに2回息を吹き込んでください。 

7 心肺蘇生の継続

  • 救急隊などに引き継ぐまで、または傷病者に普段通りの呼吸や目的のあるしぐさが認められるまで続けます。
  • AEDをつけている場合は、電源を切らず、パッドは貼ったままにします。 

8 心肺蘇生法の中止時期について

  • 何らかの応答や目的のあるしぐさが現れたとき
  • 普段通りの呼吸をし始めたとき
  • 救急隊等に引き継いだとき
 

救命処置の手順[2](AEDの使用手順)についてはこちら

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

市川市 消防局 救急課

〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号

電話:047-333-2111(代表)音声ガイダンス2番