更新日: 2021年9月15日

新型コロナワクチン接種の副反応について

主な副反応 接種部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱、アナフィラキシーなど


現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。
接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医等に相談してください。
副反応発現割合イラスト 0000371151

発現割合 症状 発現時期 持続期間
50%以上 接種部位の痛み 接種当日 約2日
50%以上 疲労、頭痛 接種翌日 約1日
10~50% 接種部位の腫れ 接種当日 約2日
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱 接種翌日 約1日
1~10% 吐き気、嘔吐 接種翌日 約2日
  • 1回目の接種後より2回目の接種後の方が免疫反応が起こりやすくなるため、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすい傾向にあります。
  • 厚生労働省の研究班によると、モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチンはファイザー製の2倍の頻度で発熱が起きたとする調査結果があります。また、モデルナ製のワクチンの1回目の接種7日目ごろから発赤、かゆみを伴う遅延性皮膚反応(いわゆるモデルナアーム)が、2%程度発現したという報告があります。
  • 詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

アナフィラキシーについて

アナフィラキシーとは

  • 薬や食物が身体に入ってから、短時間で起きることのある重いアレルギー反応です。
  • ワクチン接種直後から通常30分以内に以下の症状が現れた場合は、アナフィラキシーの疑いがあります。

アナフィラキシー主な症状 皮膚症状 じんま疹など 呼吸器症状 息苦しさなど 消化器症状 腹痛、嘔吐など 循環器症状 血圧低下、意識障害など

アナフィラキシー発生率

専門家による
アナフィラキシー評価件数
ファイザー社
439件
100万回接種あたり4件)
武田/モデルナ社
  25件
100万回接種あたり1.5件)

8月22日までに厚生労働省に報告されたもの

対処方法

  • アドレナリンの筋肉注射
  • 酸素投与

迷走神経反射について

迷走神経反射とは

誰にでも起こる可能性がある体の反応です。

ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。

めまい 0000371173

対処方法

  • 通常、横になって休めば自然に回復します。
  • 倒れてけがをしないように、背もたれのある椅子に座って様子を見てください。
  • 接種会場で、医師や医療スタッフが経過観察を行い対応しています。

医師による経過観察 0000371150

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

接種後の過ごし方についてはこちらをご覧ください

コロナワクチンのうわさについてはこちらをご覧ください

新型コロナワクチン副反応 Q&A

Q1 これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。

  • A 注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

Q2 副反応は1回目の接種後より2回目の接種後の方が強いと言われるのはどうしてですか。

  • A 1回目のワクチン接種でいくらか免疫がつくことで、2回目の接種の方が、免疫反応が起こりやすくなるため、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすくなります。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

Q3 ワクチンを受けた後に熱が出たら、どうすれば良いですか。

  • A ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

Q4 ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。

  • A ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。
  • 他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合(飲める薬が限られていることがあります。
  • 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
  • ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合(典型的な症状:頭痛・疲労・筋肉痛・さむけ・関節痛など)

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。


Q5 ワクチン接種後に血栓症が起きると聞いたのですが大丈夫でしょうか。

  • A 海外で接種が行われているアストラゼネカ社のワクチンでは、稀に珍しいタイプの血栓症が起きるという報告がありますが、適切な診断・治療方法も報告されています。なお、ファイザー社や武田/モデルナ社のmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンでは、現時点では、同様の血栓症と関連性があると評価された事例は確認されていません。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

Q6 ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるというのは本当ですか。

  • A mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン接種後、頻度としてはごく稀ですが、心筋炎あるいは心膜炎になったという報告がなされています。
    軽症の場合が多く、心筋炎や心膜炎のリスクがあるとしても、ワクチン接種のメリットの方がはるかに大きいと考えられています。 

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度

健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときには、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

詳細は新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度をご覧ください。

新型コロナワクチンの有効性・安全性についての詳細は下記Webサイトをご覧ください

  • 新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省)
  • 新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査(厚生労働省)
  • WHO 

  • 出典
  • 新型コロナワクチン接種後の副反応について (千葉県)
  • 新型コロナワクチンの副反応疑い報告について (厚生労働省)
  • 新型コロナワクチンの効果や副反応などの相談

    【市川市新型コロナワクチン健康相談窓口】(接種予約窓口ではありません)

    TEL:0120-925-823

    FAX:0120-925-849(言語・聴覚が不自由な方向け)

    (24時間 土日・祝日含む)

    【千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口】

    TEL:03-6412-9326(24時間 土日・祝日含む)

    このページに掲載されている
    情報の問い合わせ

    新型コロナワクチン接種市川市コールセンター

    電話
    0120-923-118(通話料無料)
    0570-001-056(ナビダイヤル)