更新日: 2022年1月17日

《新型コロナワクチン接種》3回目の接種について

・国の通知(1月13日付)を受け、1月14日(金曜)から、65歳以上の方(令和4年3月31日時点)の3回目接種は、2回目接種から6か月以上経過した日付で予約ができるようになりました。それ以外の方(18歳~64歳)は、1月25日(火曜)から6か月以上経過した日付で予約ができます。1月15日号の広報いちかわの情報から変更になっていますのでご注意ください。

個別医療機関での接種は令和4年1月17日(月曜)から予約を受け付け、2月1日(火曜)以降に接種開始となります。(各医療機関によって予約開始のタイミングが異なるため、予約枠は順次公開されます。)

・市外で接種された方(職域接種、大規模接種等)は、各機関から本市へ予診票が到着後に処理を行うため、接種券の発送が遅くなる場合があります。発送予定を過ぎた後、接種券が届かない場合は、Webフォームまたは郵送で申請していただくか、コールセンターにお電話ください。

・国は、2回目までと異なるワクチンを接種する「交互接種」について、高い効果と安全性が期待できるとしています。そのため、本市では、ファイザー社と武田/モデルナ社のワクチンから選択できる体制をとっています。

・2月4日(金曜)から、保健センターで武田/モデルナ社ワクチンの接種を始めます(金曜・土曜・日曜のみ)。1月7日(金曜)9時から受付を開始します。

・1月24日(月曜)から、集団接種会場(市役所第1庁舎および行徳支所)の平日の受付時間を20時まで延長します。

・2月27日(日曜)をもって、国府台市民体育館での集団接種を終了します。

目次

各項目をクリックすると該当箇所に移動します。

  1. 3回目接種の概要
    ・対象者
    ・接種時期 / 接種券発送
    ・接種会場
    ・使用するワクチン
  2. 予約受付の方法
  3. 接種当日の流れについて
  4. 副反応について
  5. その他

1.3回目接種の概要

(1)対象者・接種時期

国の方針により、下記の通り変更となりました。

対象者 接種可能となる日 予約方法
以下のいずれかに該当する方
・医療従事者等
・高齢者施設等の入所者及び従事者
・通所サービス事業所の利用者及び従事者
・病院又は有床診療所の入院患者
2回目の接種から6か月以上経過後 医療機関や高齢者施設等で、従事者や入院患者、入所者等に接種を行っている場合 市への予約なしで接種を受けることが可能です。
上記以外の医療従事者、高齢者施設等 各機関にご案内していますので詳細は所属先にご確認ください。案内が届いていない場合は、各機関よりこちらからご連絡ください。
(市外の事業所等で勤務している医療従事者の方等含む)
①以外の方で、令和4年3月31日時点で65歳以上の方 1月14日(金曜)から、6か月以上経過した日付で予約できます。
①、②以外の18歳以上の方 2回目の接種から8か月以上経過後 1月25日(火曜)から、6か月以上経過した日付で予約できます。

※接種可能となる日については、変更となる場合があります。

(2)接種券発送 

2回目の接種から5~6か月後を目途に順次発送しています。

2回目接種日 接種券発送
令和3年4月まで 令和3年11月19日
令和3年5月~6月中旬まで 令和3年11月30日
令和3年6月下旬~7月まで 令和3年12月16日
令和3年8月まで 令和4年1月7日 
令和3年9月~10月まで 令和4年2月1日(予定) 
令和3年11月以降 順次発送します

※ 3回目接種開始日は2回目接種日に応じて一人一人異なります。送付した宛名台紙・接種済証に個別に記載されておりますのでご確認ください。

※ 市外で接種された方(職域接種、大規模接種等)は、各機関から本市へ予診票が到着後に処理を行うため、発送が遅くなる場合があります。発送予定を過ぎた後、接種券が届かない場合は、下記Webフォームまたは郵送で申請していただくか、コールセンター(0120-923-118)にお電話ください。

3回目用接種券の発行依頼が必要な方

下記に該当する方は、3回目接種用の接種券発行には申請が必要です。

・他市町村で2回目の接種を受けてから、市川市に転入した方
・上記の接種券発送予定を過ぎたが、接種券が届かない方
※ 市外で接種された方(職域接種、大規模接種等)は、各機関より本市へ予診票が到着後に処理を行うため、発送が遅くなる場合があります。
・海外、羽田空港や成田空港、在日米軍、製薬メーカーの治験で接種を受けた方

該当する方は、下記Webフォームまたは郵送で3回目接種用の接種券発行の申請をしてください。
※申請の際には、「予防接種済証」など1・2回目の接種記録が分かるものが必要です。

3回目接種券の再発行は、コールセンター(0120-923-118)にお電話ください。

(郵送申請の送付先)
〒272-8501 市川市八幡1丁目1番1号
市川市 疾病予防課 新型コロナウイルス対策グループ 宛

なお、3回目接種券は、発行申請を受付後、3回目接種可能時期の2ヶ月前を目安に送付します。
ただし、3回目接種券の発送時期を過ぎている方には、申請を受付後、1週間程度で送付します。
※12月28日~1月3日までの間に申請された方の接種券発送は1月5日より順次発送いたします。

(3)接種会場

集団接種会場で接種を実施します。各医療機関での個別接種についても実施予定です。
接種会場の詳細は 《新型コロナウイルスワクチン接種》接種会場についてをご覧ください。

(4)使用するワクチン

・3回目に接種するワクチンは、初回接種(1回目・2回目)時に使用したワクチンにかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンが接種できる交互接種が可能となりました。
・本市では、希望によりワクチンの選択ができる交互接種の体制をとっています。現在はファイザー社ワクチンの接種を行っておりますが、2月4日(金曜)から、市の保健センターでモデルナ社ワクチンの接種を開始します。
・米国の調査では、2回目までと異なるワクチンを接種する「交互接種」について、高い効果と安全性が期待できるとしています。また、副反応は、初回接種と同程度であると報告されています。
・1・2回目でファイザー社のワクチンを接種された方は、3回目の接種について、武田/モデルナ社のワクチンの接種もご検討ください。
 

【初回接種】 【追加接種】 【血中中和抗体価】
1回目 2回目 3回目 追加接種前と比較
ファイザー ファイザー ファイザー 20.0倍
ファイザー ファイザー モデルナ 31.7倍
モデルナ モデルナ ファイザー 11.5倍
モデルナ モデルナ モデルナ 10.2倍

出典:第25回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
 

・詳しくは、厚生労働省の「追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ」をご覧ください。

2.予約受付の方法

現在、2回目の接種を令和3年8月までに終えた方に、3回目の接種券を送付し予約を受け付けています。
接種券が届き次第、予約ができます。
(1)【予約の準備】宛名台紙・接種済証を用意

対象者には3回目接種にかかる接種券やご案内などが入った封筒を発送しています。
ワクチン接種の予約には宛名台紙・予防接種済証に記載のある「接種券番号」が必要になります。

宛名台紙接種済証イメージ

※ 基礎疾患のある方などは、必ずかかりつけ医に接種の可否を相談してください。また、かかりつけ医がいる方は、かかりつけ医による接種をおすすめします。

(2)【予約】電話またはWeb予約システムで予約

電話もしくはWeb予約システムで予約してください(最短で正午までは翌日以降、正午以降であれば翌々日以降の日付を選べます)。

Webで予約

接種予約システムのマニュアルはこちらをご参照ください。

なお、システム推奨環境は以下の通りです。
Windows10、macOS、Android: chrome
iOS : safari

  • 上記ブラウザで開いていることを必ずご確認ください。
  • カメラで二次元コードからアクセスした場合、特にご注意ください。
  • Internet Explorer、らくらくフォン、LINEブラウザ等ではご利用いただけません。

電話で予約

※間違い電話が非常に多くなっておりますので、番号をよくお確かめの上おかけください。

(3)予約相談窓口

市内の公民館で新型コロナワクチンの接種予約のサポートを行います。スマートフォンやパソコンの操作に不安がある方が対象で、Webサイトからの予約の取り方などを対面で説明し、サポートします。

  • 予約の代行を行うものではありません。
  • 各施設の休館日は実施しませんのでご注意ください。

開設場所:

館名 住所 開設日 休館日
全日警ホール 八幡4-2-1 令和3年12月17日(金曜)
  • 1月11日(火曜)、24日(月曜)
  • 2月14日(月曜)、28日(月曜)
  • 3月14日(月曜)
南行徳市民センター 南行徳1-21-1 令和3年12月17日(金曜)
  • 土曜・日曜・祝日
市川公民館 市川2-33-2 令和4年1月5日(水曜)
  • 令和4年1月10日(月曜)、1月31日(月曜日)、2月11日(金曜)、2月23日(水曜)、2月28日(月曜)
行徳公民館 末広1-1-31
大野公民館 南大野2-3-19

実施期間: 開設日から令和4年3月15日(火曜)

開設時間: 9時00分から17時00分(最終受付16時30分)

(4)やむを得ずキャンセルする場合

キャンセルされる場合はWebで手続き、または新型コロナワクチン接種市川市コールセンターまでご連絡ください。

医療機関での接種を予約している方で、やむを得ず当日キャンセルされる場合は、上記とあわせ予約した医療機関への連絡もお願いいたします。
各集団接種会場に直接のお電話はしないようお願いいたします。

3.接種当日の流れについて

持ち物や接種後の過ごし方、接種済証など接種当日の詳細は、《新型コロナワクチン接種》接種当日の流れについてをご覧ください(1・2回目と同様の流れです)。

4.副反応について

新型コロナワクチン接種による副反応についてをご覧ください。

5.その他

1.住民票所在地以外での接種を希望する場合

新型コロナワクチン接種を住民票の所在地以外で受ける場合について」のページをご参照ください。

2.日本国内に住民票が無い方等の新型コロナワクチン接種について

日本国内に住民登録がなされていないが、市川市内に居所がある方や海外から一時帰国している方は、接種券の発行の申請が必要となります。ご事情により必要書類が異なりますので、コールセンターまで電話でご連絡ください。

  • 日本国内に住民登録がなされていないが、市内に居所がある方
  • 日本国籍を有しており、海外から日本国内に一時帰国している方
  • 短期滞在で入国したもののやむを得ず在留期間を更新した外国人の方

3.新型コロナウイルスに関する詐欺にご注意ください

県や市の職員を騙り、「10万円を振り込めば優先的に接種できる」などとして金銭や個人情報を要求する不審な電話が発生しています。不審な電話には騙されないようご注意下さい。

新型コロナウイルスに関する詐欺への対応については、こちらをご参照ください。

4.新型コロナウイルスワクチン予防接種の証明について

(1)国内利用向け

国内では以下により接種済みであることを示すことができます。

  1. 新型コロナワクチン接種記録書 ※再発行はこちら
  2. 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時) ※再発行はこちら
  3. 【国内用】新型コロナワクチン感染症予防接種証明書 ※申請はこちら
(2)海外渡航用
  • 【海外用】新型コロナワクチン感染症予防接種証明書 ※申請はこちら

  • 上記1~3は海外では利用できません。
  • 3および4については二次元コード付きの証明書となります。

5.新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度について

健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定した時には、予防接種法に基づく(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度をご参照ください。

6.妊娠中の方のワクチン接種について

妊娠中の方のワクチン接種についてのお知らせはこちらをご確認ください。

関連リンク

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

新型コロナワクチン接種市川市コールセンター

電話
0120-923-118(通話料無料)
0570-001-056(ナビダイヤル)