更新日: 2022年6月6日

《新型コロナワクチン接種》小児(5-11歳)接種について

- COVID-19 Vaccination for Children (5 to 11 years old)
- こどもに ころなういるす わくちんを うつことに ついて

目次

各項目をクリックすると該当箇所に移動します。

1. 小児(5-11歳)接種の概要

5歳から11歳の方も、新型コロナワクチンを受けられるようになりました。国内の新型コロナ感染者全体に占める子どもの割合は増えています。下記の厚生労働省の案内をご確認いただき、ワクチンを受けるか、お子様と一緒にご検討ください。なお、小児(5-11歳)接種は、「努力義務」の規定が適用されていません。

小児接種の概要(厚生労働省のページ)
・厚生労働省からのお知らせ「5歳から11歳のお子様と保護者の方へ」

(1) 対象者

市内在住の満5歳から11歳で接種を希望する方 (12歳の誕生日の前々日まで)

※12歳の誕生日の前日からは小児用ではなく12歳以上用のワクチンの接種対象となります。
※特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子様は接種が推奨されています。接種にあたってはあらかじめかかりつけ医などどよく相談してください。

(2) 接種時期および接種券発送

[接種時期]
令和4年3月12日(土曜)から接種を開始しています。
接種を行う期間は令和4年9月30日までの予定です。
※5歳になる方は、誕生日の前日より接種が可能となります。
※国の方針により、変更になる場合があります。

[接種券発送]
2月25日(金曜)に接種券を発送しました。予約を受け付けています。
令和4年4月以降、満5歳となる方の接種券は誕生月の前月に発送します。
令和4年3月1日までに12歳になる方は、1月末に12歳以上用の接種券を発送しております。令和4年3月2日以降に12歳になる方は、2月25日に小児用の接種券を発送しました。1回目接種を受ける前に12歳になった場合、12歳以上用のワクチンを接種しますが、接種券はそのままお使いいただけます。
発送物の見本

(3) 接種会場

個別医療機関および集団接種会場(市役所第1庁舎7階 :土曜・日曜・祝日のみ)

個別医療機関についてはこちらの医療機関一覧をご確認ください。
※各医療機関への電話での直接のお問い合わせはお控えください。

接種会場の詳細は「≪新型コロナワクチン接種≫接種会場について」をご確認ください。
 

(4) 使用するワクチンと2回目までの接種期間

小児用ファイザー社ワクチンを使用します。(ファイザー社の12歳以上のワクチンと比べ、有効成分が3分の1になっています。)標準として、1回目接種から3週間後に2回目を接種することになっています。標準の接種期間を超えても、接種を1回目からやり直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めいたします。 1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。1回目の接種を受ける前に12歳になった方は、12歳以上用のワクチンを使用します。(12歳以上になっても、接種券等はそのまま使用できます)。12歳以上用は小児用とワクチンの種類や会場が異なります。詳細は《新型コロナワクチン接種》1・2回目の接種についてをご覧ください。

・ワクチンの有効期限が延長されました。
※ファイザー社ワクチン(5~11歳用)については、令和4年(2022年)1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃での有効期間は9か月となっており、また、薬事上の手続きを経て、令和4年(2022年)4月22日にこれが9か月から12か月へと更に延長されました。
※ワクチンの有効期間については、薬事上の手続きを経て、延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。
※詳細はこちら「有効期限の取扱いについて」をご参照ください。
【別添2】ファイザー社(5~11歳用)

(5) ワクチンの有効性・安全性・副反応について

国によると、外国の例では、ワクチン2回目接種後7日以降の発症予防効果は90.7%であり、2回目接種後約2カ月の追跡期間において安全性が示されたと報告されています。また、副反応に関しては、注射した部分の痛みが一番多く、1・2回目共に70%程であり、38℃以上の発熱は1回目で2.5%、2回目で6.5%でした。接種後の症状は、ほとんどが軽度または中等度であったと報告されています。

(6) 接種にあたっての注意点

・前後に他の予防接種を行う場合、原則として、新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔をあけてください。
・ワクチン接種を受ける場合の出欠の取り扱い、接種後に発熱等の風邪の症状や、その他の症状がみられた場合の出欠の取り扱いは、各学校にお問い合わせください。
 

2 予約受付の方法

集団接種会場における実施日・予約空き状況は集団接種会場予約状況をご参照ください。

(1)【予約の準備】接種券を用意

ワクチン接種の予約には接種券に記載のある「接種券番号」が必要になります。
接種は2回行いますので、予約時に1回目と2回目の2回分ご予約下さい。

  • ※基礎疾患のある方などは、必ずかかりつけ医に接種の可否を相談してください。
  • ※1回目の接種時に11歳で、2回目の接種までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。
  • ※1回目を接種する時点で12歳になる方は、12歳以上用のワクチンを予約してください。

接種券イメージ

(2)【予約】電話またはWebで予約

電話もしくはWeb予約システムで予約してください。
【個別医療機関】原則、翌々日以降の日付を選べます。(医療機関ごとに異なる場合があります。)
【集団接種会場】翌日以降の日付を選べます。

Webで予約される場合、当画像からアクセスしていただくか画像の二次元コードを参照願います。ご予約の際は券番号、生年月日をご確認ください。なおWebは24時間受け付けております。

上記の画像をクリックすると、接種予約システムが開きます。

電話で予約される場合0120923118におかけください。通話料は無料です。受付時間は午前9時から午後5時までで土日祝日も開設しています。言語、聴覚が不自由な方はFAX0471030583をご利用いただけます。

  • ※間違い電話が非常に多くなっておりますので、番号をよくお確かめの上おかけください。

(3)やむを得ずキャンセルする場合

キャンセルされる場合はWebで手続き、または新型コロナワクチン接種市川市コールセンターまでご連絡ください。

【個別医療機関】原則、接種日の前々日までキャンセル可能
※医療機関ごとに異なる場合があります。
【集団接種会場】接種日の前日までキャンセル可能

キャンセル可能期間を過ぎた場合は、コールセンターへの連絡をお願いします。
※個別医療機関の予約をされた方で、キャンセル可能期間を過ぎてキャンセルする場合は、予約した医療機関への連絡も合わせてお願いいたします。

3 接種当日について

持ち物や接種済証など接種当日の詳細は、「《新型コロナワクチン接種》接種当日について」をご覧ください。

・接種当日は原則、保護者の方の同伴が必要です。
・予診票下部の「新型コロナワクチン接種希望書」に保護者の自署が必要です。
・母子健康手帳を持参してください。
・ワクチンについて疑問や不安があるときはかかりつけ医などにご相談ください。

「新型コロナワクチンを受けた後の注意点」はこちらをご覧ください。

4 副反応などの相談

【市川市新型コロナワクチン健康相談窓口】※接種予約窓口ではありません
 TEL:0120-925-823
 FAX:0120-925-849(言語・聴覚が不自由な方向け)
 (24時間 土曜日曜・祝日含む)

【千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口】
 TEL:03-6412-9326(24時間 土曜日曜・祝日含む)
 

5 その他

1.住民票所在地以外での接種を希望する場合

新型コロナワクチン接種を住民票の所在地以外で受ける場合について」のページをご参照ください。

2.日本国内に住民票が無い方等の新型コロナワクチン接種について

日本国内に住民登録がなされていないが、市川市内に居所がある方や海外から一時帰国している方は、接種券の発行の申請が必要となります。ご事情により必要書類が異なりますので、コールセンターまで電話でご連絡ください。

  • 日本国内に住民登録がなされていないが、市内に居所がある方
  • 日本国籍を有しており、海外から日本国内に一時帰国している方
  • 短期滞在で入国したもののやむを得ず在留期間を更新した外国人の方

3.新型コロナウイルスに関する詐欺にご注意ください

県や市の職員を騙り、「10万円を振り込めば優先的に接種できる」などとして金銭や個人情報を要求する不審な電話が発生しています。不審な電話には騙されないようご注意下さい。

詳細は新型コロナウイルスに関する詐欺への対応についてをご参照ください。

4.新型コロナウイルスワクチン予防接種の証明について

(1)国内利用向け

国内では以下により接種済みであることを示すことができます。

  1. 新型コロナワクチン接種記録書 ※再発行はこちら
  2. 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時) ※再発行はこちら
  3. 【国内用】新型コロナワクチン感染症予防接種証明書 ※申請はこちら

(2)海外渡航用

  • ※上記1~3は海外では利用できません。
  • 3および4については二次元コード付きの証明書となります。

5.新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度について

健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定した時には、予防接種法に基づく(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度」をご参照ください。

関連リンク

このページに掲載されている
情報の問い合わせ

新型コロナワクチン接種市川市コールセンター

電話
0120-923-118(通話料無料)
0570-001-056(ナビダイヤル)