農地の権利移動

印刷する
更新日: 2012年4月1日

農地法第3条の申請
 一般に土地を買ったり借りたりする場合には売(貸)主と買(借)主が売買(貸借)契約を締結し、買(借)主がその代金を支払って土地の所有権(貸借権等)を取得することになります。しかし耕作目的で農地を売買(貸借)する場合には、農地法第3条の規定により農業委員会 の許可をうける必要があり、これらの許可を受けない売買(貸借)は効力が生じません。
 従来、農地法第3条による許可は県知事の許可と農業委員会の許可がありましたが、平成24年4月1日からは、すべて農業委員会の許可となりました。 

  農業委員会では、農地法第3条許可の事務処理について申請書受付から許可までの標準処理期間を定め、迅速な事務処理による行政サービスの向上に努めています。                                                                                                           *農地法第3条許可の標準処理期間⇒20日(pdf

農業委員会許可の流れ
農地法第3条の許可基準
 農地法第3条の中には、許可することができない場合が様々と述べてあり、これを農地法第3条の許可基準と呼ぶことができるでしょう。
 その代表的なものは以下のようなものです。
・ 不耕作目的の権利取得の禁止(所有する農地をすべて耕作している)
・ 常時従事しない場合の権利取得の禁止(年間耕作日数が概ね150日以上)
・ 下限面積制限(権利を取得する場合の農業経営面積要件)内容はこちらからpdf
・ 農地を効率的に利用しない場合の権利取得の禁止(通作距離が適当である)
提出書類一覧表(チェックリスト付)を印刷する場合はこちらからpdf
No.
書類
備考
1

第3条許可申請書

(doc.pdf)

記載例(印漏れ、記載漏れ等に注意して下さい。)

2

土地の登記事項証明書
(全部)

原本 3か月以内のもの  
(法務局市川支局)
3
公図写し (法務局市川支局又は市役所固定資産税課)
4
案内図 住宅地図写し、申請地がわかるよう表示して下さい。
5
住民票 登記簿所有者住所と現住所が異なる場合には、 左記の書類が必要になります。
原本 3か月以内のもの 
住民票及び戸籍の附票等(市役所市民課)
住居表示変更証明(市役所総務課)
住居表示変更証明
戸籍の附票等
6
耕作地一覧表 様式⇒doc.pdf
耕作地すべてを記入して下さい。
7
通作経路図 譲受人が市外居住の場合
*自宅から申請地までの通作経路を地図に
8
農業経営の実態証明
(市外居住者の場合)
居住地の農業委員会
9
営農計画書
(市外居住者の場合)
様式⇒doc.pdf
10
委任状(doc.pdf) 申請を代理人が行なう場合
11
その他必要と認める書類  
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 農業委員会事務局
〒272-0026
千葉県市川市東大和田1丁目2番10号 分庁舎C棟2階
電話:047-712-5063 FAX:047-712-5097
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで