ホーム > 暮らしの情報 > 防災 > 地震への備え > 市川市業務継続計画(震災編)を作成しました。

市川市業務継続計画(震災編)を作成しました。

印刷する
更新日: 2015年12月8日
1.市川市業務継続計画の意義
 市川市業務継続計画とは、首都直下地震など大規模な地震災害が発生した場合、市そのものが地震により被災し、人員や物資・ライフライン等が制約を受ける可能性が高い状況で、応急対策業務や通常業務を継続し、最短で平常業務に復帰することができるよう、事前に必要な人員や施設・資機材等の資源の準備や対応方針・手段を定めた計画です。

2.市川市業務継続計画の効果
 業務継続計画を作成し、必要な処置を講じることにより、業務の立ち上げ時間の短縮や震災発生直後の業務レベルの向上といった効果があり、震災発生直後からより高いレベルでの業務継続を行える状況に改善することが可能になります。

3.地域防災計画との関係
 地域防災計画は、市、防災関係機関及び市民が震災発生時又は事前に実施すべき防災対策に係る業務を定めた計画でありますが、業務継続計画は、震災発生時に限られた資源を基に地域防災計画に定める事項を含む非常時優先業務を実施できるようにするための計画です。


【市川市業務継続計画はこちら】
 本編(PDF形式:2.75MB)
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 危機管理課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8563 FAX:047-712-8762
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで