ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 施設 > 【終了しました】昭和の市川に暮らした作家 五木 寛之

【終了しました】昭和の市川に暮らした作家 五木 寛之

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月9日

五木寛之 いつき・ひろゆき 小説家

1932(昭和7)〜
〔1955(昭和30)頃〜1957(昭和32)頃 市川市北方町在住〕
 朝鮮で終戦を迎え、1952年(昭和27)に早稲田大学露文科へ入学した五木は、1957年(昭和32)に中退するまでの学生時代、競馬に熱中していた時期があり、中山競馬場近くの北方 (ぼっけ)町にアパートを借りて暮らしました。
 1966年(昭和41)に『さらば、モスクワ愚連隊(ぐれんたい)』で第6回小説現代新人賞、1967年(昭和42)に『蒼(あお)ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。
 主に昭和40年代に発表された作品の中で、放送作家として仕事を始めた市川時代の思い出が、懐かしく描かれています。
 とくに、荷風との行きずりの出会いが、忘れられない存在として残っていきました。

展示内容

五木寛之『風の王国』1985 新潮社
五木寛之『青春の門 自立編 上』1971 講談社
五木寛之『風に吹かれて』1968 読売新聞社
五木寛之『ゴキブリの歌』1971 毎日新聞社
五木寛之『旅の幻燈』1986 講談社
競馬場に熱中して、中山競馬場の近くの、北方【ぼっけ】町という所に住んだことがあった。・・・晴れた日には、市川の図書館に通ったり、本八幡の映画館の薄暗い二階で、古くなった洋画を見たり過した。時には京成電車で台東区の方角へふらりと出かけることもあった。そんな或る日、京成市川真間の駅のホームで、永井荷風にはじめて会った。
   五木寛之「ある日日本の片隅で」1970(昭和45)
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで