ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 施設 > 【終了しました】追悼・宗左近−“炎える母”のもとに−市川の詩人と東京空襲をくぐりぬけた文人たち

【終了しました】追悼・宗左近−“炎える母”のもとに−市川の詩人と東京空襲をくぐりぬけた文人たち

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月9日

2007年6月9日(土)〜9月24日(日)

追悼・宗左近−“炎える母”のもとに−市川の詩人と東京空襲をくぐりぬけた文人たち チラシ

 市川市を代表する詩人、宗左近は、2006年(平成18年)6月に逝去し、1周忌を迎えます。
 東京空襲で母を亡くした体験に基づいた長編叙事詩「炎える母」をはじめ、「縄文」をテーマにした作品は、宇宙的な広がりを持っています。市川の文人との交友関係も追いながら、その生涯と独自の作品世界の魅力を探ります。
 また、「市川ゆかりの詩人と東京空襲をくぐりぬけた文人」をテーマに、草野心平、永井荷風、幸田露伴、水木洋子など、市川の文人たちについても紹介します。

チラシ裏面はこちら

展示内容

1 宗左近的市川文芸史
2 宗左近の生涯 生い立ち〜逝去
3 宗左近の作品世界(詩、評論、小説、翻訳ほか)
4 宗左近ゆかりの文人(能村登四郎山本夏彦、中野孝次ほか)
5 市川ゆかりの詩人(北原白秋、草野心平、田中清光ほか)
6 永井荷風の詩作と偏奇館炎上
7 東京空襲と市川の文人たち(幸田露伴一家、正岡容井上ひさしほか)
8 水木洋子と戦争(水木洋子の戦争体験 〈また逢う日まで〉〈純愛物語〉ほか)

終了した関連イベント

宗左近「光と炎」の集い
  6月10日(日)  14時〜15時30分
   会場 市川市市民会館  参加人数 300名

追悼宗左近 ・宇宙の美展
 「宗左近の生涯と作品世界」
  6月9日(土)〜8月5日(日)
   会場 市川市芳澤ガーデンギャラリー

ギャラリートーク
ギャラリートーク
 
「宗左近の生涯と作品世界」
  6月26日(火)
 14時〜
   会場 文学プラザ
   参加人数 25名
   文学プラザ職員
評論家・三浦雅士講演会
評論家・三浦雅士講演会
 
「宗左近・詩の宇宙」
  7月10日(火)
 14時〜
   会場 文学プラザ
   参加人数  55

ギャラリートーク
ギャラリートーク
 
「水木洋子の従軍・空襲体験」
  7月18日(水)
 14時〜
   会場 文学プラザ
   参加人数 35名
   加藤馨(水木洋子市民サポーターの会)

映画「純愛物語」上映会とトーク
映画「純愛物語」上映会とトーク
 「〈また逢う日まで〉から〈純愛物語〉へ」
 
 8月9日(木) 13時30分〜
   会場 グリーンスタジオ(生涯学習センター2階)
   参加人数 195名
   「純愛物語」 監督:今井正 脚本:水木洋子(1957年東映)
   ほかに被爆者体験談と文学プラザ職員による解説トーク
シンポジウム、西校生徒による合唱
シンポジウム
「宗左近から受け継ぐもの いちかわ文学の歴程」
 8月29日(水) 13時30分〜
  会場 グリーンスタジオ(生涯学習センター2階)
  参加人数  220

  千葉県立市川西高等学校生徒合唱
  市民サポーター朗読


シンポジウムの様子
パネリスト(左から)、吉清英夫、近藤明子、葉山修平、神作光一、能村研三
シンポジウムの様子
ギャラリートーク
ギャラリートーク
 
「東京空襲をくぐりぬけた市川の文人たち」
  9月7日(金)
 14時〜
   会場 文学プラザ  参加人数 21名
   文学プラザ職員

ギャラリートーク
ギャラリートーク
 
「水木洋子の描いた戦争」
  9月12日(水)
 14時〜
   会場 文学プラザ  参加人数 25名
   文学プラザ職員
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化施設課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356