◆メダン市◆

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年3月30日

インドネシア共和国北スマトラ州メダン市

メダン市の概要

 メダン市はインドネシア共和国北スマトラ州の州都で、マラッカ海峡に注ぐデリー川の河口から24キロメートル上流に位置します。1860年代にオランダのたばこ会社が進出してから急速に発展し、タバコ、ゴム、茶、アブラヤシなど、周辺地の産物の集散地として繁栄してきました。現在は、石油の積出港として知られるべラワン港を擁するスマトラ島最大の交易中心地で、インドネシアの重要な商業都市として発展しています。

 気候は、年平均気温27度、年間降雨量約1,800ミリメートルと年間を通じて高温多湿な熱帯雨林気候です。市内には、歴史的な史跡としてマイムーン宮殿やラヤ・モスク(回教寺院)があります。市の中心地から南東200キロメートルにあるトバ湖周辺は、風光明媚な観光地として知られています。

メダン市の位置
メダン市の位置
Information

 面積 約265.1平方キロメートル

人口 約211万(2010年)。北スマトラ州全体の約16%がメダン市に居住している。

交通 ジャカルタから空路でクアラナム国際空港へ。空港から市内へは32キロメートル、車で約60分。

時差 日本との時差はマイナス2時間。日本の午前10時はメダン市の午前8時。

メダン市の写真

メダン市役所
メダン市役所
メダン市姉妹都市記念碑
メダン市姉妹都市記念碑
市川市寄贈消防車
市川市寄贈消防車
ラヤ・モスク
ラヤ・モスク
独立記念祭
独立記念祭
象

締結までの経緯

 1984年(昭和59年)8月に市内各界の方々による「東南アジア友好視察団」(団長:市川市長)が初めてメダン市を訪れて以来、毎年市民による親善訪問が行われてきました。1988年(昭和63年)3月にはメダン市長が市川市を訪れるなど、人的往来によって交流が深められてきました。また、友好の証として蝶の標本やイリエワニのはく製が寄贈されました。

 両市の交流が重ねられてきた中で、1988年(昭和63年)11月に、市民で組織するスマトラ会から「インドネシア共和国メダン市との姉妹都市締結に関する要望書」が市川市長並びに市川市議会議長あてに提出されました。

 1989年(平成元年)8月に、メダン市の要請により市川市長を団長とする「メダン市友好親善市川市視察団」がメダン市を訪れ、姉妹都市締結に向けての趣意書の調印が行われました。この合意に基づき、1989年(平成元年)9月19日、市川市議会は両市の姉妹都市締結を全会一致で議決。同年11月にメダン市長を団長とする「メダン市代表団」を迎え、11月4日、両市市長により「日本国千葉県市川市とインドネシア共和国北スマトラ州メダン市との姉妹都市締結に関する盟約書」の調印が行われ、姉妹都市締結が成立しました。

 インドネシア共和国の都市との姉妹縁組は、わが国では京都府、大阪府、東京都の例を除き、市レベルでは初めてのことでした。

公式代表団と市民親善訪問団の相互訪問

 メダン市との姉妹都市交流においては、姉妹都市締結を記念して、5年毎に両市で相互訪問を行なっております。

 平成26年度は姉妹都市締結25周年であったことから、公式代表団と市民親善訪問団の相互訪問が行なわれました。

 まず、平成26年5月15日から18日にかけて、メダン市公式代表団一行が市川市にいらっしゃいました。市川市に滞在中、市長表敬訪問や姉妹都市締結25周年記念式典への参加、市内視察、東日本大震災被災地視察(ひたちなか市)などを行ないました。

 また、平成26年10月14日から18日にかけては、市川市公式代表団及び、市民親善訪問団がメダン市を訪問し、現地の方々と交流を行ないました。

 今回の訪問では、出発前日から当日の朝にかけて台風19号が関東付近に急接近したことから、水防体制の陣頭指揮をとるため、残念ながら大久保市長は渡航することが出来ませんでした。しかしながら、市川市市民親善訪問団も含め、現地での交流は大変充実したものとなりました。

 市川市公式代表団と市民親善訪問団のメダン市訪問や、メダン市公式代表団の来市の様子など、過去の相互訪問については、当ページの下部にある「過去の交流履歴」をご覧下さい。

平成26年度メダン市公式代表団
平成26年度メダン市公式代表団
平成26年度市川市公式代表団と市民訪問団
平成26年度市川市公式代表団と市民訪問団

青少年交流

 市内在住の高校生の派遣と、メダン市の高校生の受入れを相互に行っています。これまで、両市の多くの高校生が、ホームステイなどを通してお互いの国の文化や歴史、習慣等を学んでいます。

 最近では、平成27年7月31日(金)から8月8日(土)まで、メダン市青少年代表団10名(男子学生4名、女子学生4名、引率者2名)が市川市を訪問し、ホームステイの体験や、市川市在住の高校生との交流などを通じて、実りの多い時間を過ごしました。

平成27年度メダン市青少年代表団
平成27年度メダン市青少年代表団
平成25年度市川市青少年代表団
平成25年度市川市青少年代表団
 こちらから、平成25年度市川市青少年代表団メダン市派遣における、派遣生および引率者の感想文をご覧いただけます。


宮本 眞衣  (高校3年生)          清水 玲奈  (高校2年生)

齊藤 ちひろ (高校2年生)          小林 みのり (高校1年生)

岡山 夕夏  (高校1年生)          紙屋 剛志  (高校1年生)

上田 健二  (引率者:市川市職員)


 過去の相互訪問についての詳細は、当ページの下部にある「過去の交流履歴」をご覧ください。

平成28年度市川市青少年代表団メダン市派遣生募集

平成28年度市川市青少年代表団メダン市派遣生募集!!

 市川市では、姉妹・友好都市を締結している3都市(アメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ市、中華人民共和国四川省楽山市、インドネシア共和国北スマトラ州メダン市)へ、青少年交流の一貫として、市内在住の高校生を市川市青少年代表団として派遣しております。

 平成28年度は、姉妹都市メダン市への青少年代表団派遣を予定しております。「インドネシア?メダン市?」と思われるかもしれませんが、市川市の姉妹都市となって27年という長い歴史を持ち、ドリアンやマンゴスチンなどのフルーツの栽培やゴムの生産で有名な、自然豊かな国です。一般的な観光旅行とは違った、多くの貴重な体験ができることは間違いありません!シンガポールの見学もありますので、是非ご参加ください!

 市川市青少年代表団のメダン市派遣に参加を希望される方は、応募要項に従い応募してください。3月26日(土)に行なわれる、応募説明会にも是非ご参加ください。

 
派遣生募集のチラシ
派遣生募集のチラシ


【派遣先】
 インドネシア共和国北スマトラ州メダン市及び、シンガポール

【派遣日程】
 平成28年8月15日(月)から8月25日(木)まで

【定員および費用】
 ・定員:9名
 ・参加者負担額:14万円程度(渡航費、滞在費、食費を含む)
            ※金額は、若干増減する場合があります。

【派遣プログラム内容】
 市川市の青少年代表として、姉妹都市であるインドネシア共和国北スマトラ州メダン市の一般家庭にホームステイしながら、現地青少年との交流、インドネシアの文化・習慣の体験、日本文化の紹介を行い、青少年の国際的見識を広めます。シンガポールの半日見学も予定しています。

【応募資格】
 ・市川市在住で、派遣時に高校在学中の者(在学校は、市内外を問いません)
 ・6月18日(土)から7月30日までに実施されるオリエンテーション(7回)に参加が可能な者
 ・本市の青少年代表としてふさわしい行動の出来る者
 ・派遣終了後も、市川市国際交流協会の事業及び青少年活動に関心を持ち、同協会の会員として、積極的に事業に参加・協力出来る者(派遣生となった後、本人及び、保護者(1名で可)に市川市国際交流協会の会員となっていただきます)
 ・本年度以降、メダン市及び他都市などからの青少年の受入れの際に、ホームステイ受入れ事業等に協力出来る者
 ・今までに姉妹友好都市へ派遣されたことのない者

【申込方法】
 次の書類に必要事項を記入し、提出してください。

 ・申込書
 ・写真(5cm×5cm、上半身) 2枚
 ・応募者の全世帯の住民票 1通 (本籍の記載は必要ありません)
 ・作文(次のテーマのうちいずれかについて1,200字以内で原稿用紙に自筆で記入)
 ・今回の青少年派遣を希望する理由
 ・将来の夢について
 ・インドネシア・メダンについて関心のあること

【書類の提出先】
 市川市国際交流協会(八幡2−4−8 八幡市民談話室6階)へ提出してください。
 ※国際交流課には提出できません。

【応募受付期間】
 平成28年3月14日(月)から 平成28年4月18日(月) 午後5時まで

【応募要項・申込書の配布場所】
 ・市川市国際交流協会
 ・市川市役所 国際交流課

 応募要項及び申込書は、以下のリンクからもダウンロードできます。各書類は原稿サイズのまま印刷してください。

 ・平成28年度 市川市青少年姉妹都市メダン市派遣 応募要項(A3サイズ)
 ・平成28年度 市川市青少年姉妹都市メダン市派遣・申込書(A3サイズ)

【応募説明会】
 ・日時:平成28年3月26日(土)午後6時から8時まで
 ・場所:八幡市民談話室 5階 集会室4(八幡2−4−8)
 ・内容:応募に関する説明や、過去に派遣に参加した学生の経験談をご紹介いたします。

【過去の青少年派遣リンク】
 ・平成26年度アメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ市派遣
 ・平成25年度インドネシア共和国北スマトラ州メダン市派遣

 

その他の交流

 市川市とメダン市は、両市の公式代表団の相互訪問、市民親善訪問団の派遣、青少年代表団の派遣・受入れなどの人的交流のほか、消防車や補聴器の贈呈、日本猿とオランウータンの交換などさまざまな交流を行ってきました。

 メダン市からは1992年(平成4年)にオランウータン2頭が寄贈されました(イーバン:オス、スーミー:メス)。2003年(平成15年)には第1子(ウータン:オス)が、2010年(平成22年)には第2子(リリー:メス)が誕生しました。家族4頭のオランウータンは、市川市動植物園で見ることができます。

オランウータン
オランウータン
 市川市動植物園のホームページでは、オランウータンの成長の様子を紹介しています。

 (市川市動植物園 飼育研究レポート)
 http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/shiikureport.html

 また、メダン市をはじめ提携4都市の小中学生の絵画作品展を、2006年(平成18年)3月4日から4月9日に芳澤ガーデンギャラリーで行いました。

メダン市紹介パンフレット

 市川市の姉妹都市であるメダン市を紹介したパンフレットです。是非ご覧ください!

 ※)2013年7月よりポロニア空港は閉鎖され、クアラナム国際空港が新設されました。
 ※)パンフレットはA4が2枚、A3が1枚のPDFファイルになります。
 ※)ファイルサイズは4.62MBあります。ご注意ください。
 
メダン市紹介パンフレット (別ウィンドウで開きます)

メダン市壁紙ダウンロードのページ

 メダン市の風景、建物、人物の画像を、壁紙用画像としてご用意いたしました。これからも、メダン市のすばらしい画像を掲載していきますので、是非壁紙としてご利用ください。

 ※メダン市以外の壁紙用画像も掲載されています。

壁紙ダウンロードへのリンク

いちかわ国際交流ガイド

 市川市が行なっている国際交流に関する取り組みについて、市民の皆様により詳しく知っていただくために、「いちかわ国際交流ガイド」を作成いたしました。是非ご覧ください!

いちかわ国際交流ガイドへのリンク

市政施行80周年記念に対するお祝いのメッセージ

 市川市 市政施行80周年記念に対して、メダン市長であるズルミ・エルディン様よりお祝いのメッセージをいただきました。画像をクリックすると、お祝いメッセージの動画を見ることが出来ます。是非ご覧下さい!

過去の交流履歴

 メダン市との過去の交流履歴は、次のとおりです。

 平成27年度
  ・メダン市青少年代表団の来訪

 平成26年度
  ・市川市公式代表団のメダン市訪問
  ・メダン市公式代表団の来訪

 平成25年度
  ・市川市青少年代表団のメダン市訪問

 平成24年度
  ・メダン市青少年代表団の来訪

 平成23年度
  ・東日本大震災被災に対するお見舞いのメッセージ

 平成22年度
  ・ガーデナ市・メダン市青少年代表団の来訪

 平成20年度
  ・メダン市青少年代表団の来訪
  ・インドネシア共和国大使館公使参事官の来訪

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 国際交流課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8051 FAX:047-393-6524
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで