検査の種類及び方法

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年4月7日

検査の種類

 完成検査  工事が完成したときに行う検査。
 出来形検査  工事施工途中の出来形に応じ、請負代金の一部を支払う必要がある場合において行う検査。
 中間検査  工事が完成したときに行う検査によっては検査しがたい部分がある場合において工事施工途中に行う検査。

 

検査方法

  「市川市工事検査要綱」に基づき、本市が発注する工事を工事担当課、請負業者立会のうえ「書面検査」と「実地検査」を行うもので、契約書、仕様書、設計図書、記録写真等の関係書類により、現場の実施状況、出来形、品質を確認し、その適否を判定します。
 業務委託契約、施設修繕についても「市川市委託契約等の検査に関する要綱」 に基づき、同様に検査を行っています。
 
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 契約課 技術管理グループ
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目7番12号 ラ・パシフィックB 501号
電話:047-704-0058 FAX:047-378-1922
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで