ホーム > 事業者向け情報 > 産業振興 > 商工業振興 > 伝統工芸 > 市川の千葉県指定伝統的工芸品

市川の千葉県指定伝統的工芸品

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年1月4日
全国には100年以上の伝統を受け継いで作られ、日常生活に使われてきた工芸品が数多くあります。千葉県においても、千葉県独自の風土と歴史のなかで生まれ、育まれてきた伝統的工芸品には、私たちに潤いと安らぎを与えてくれるものが数多くあります。
こうしたことから、伝統的工芸品産業のより一層の発展を図るため、昭和59年度から県指定制度を実施し、優れた工芸品を伝統的工芸品として指定しています。
伝統的工芸品マーク
ここで紹介する工芸品は、千葉県が伝統的工芸品として指定したものであり、市川市内でその技術と技法を継承し、伝統的工芸品産業として生産しつつ、その保存、発展に日々研鑚している方々の作品です。
 
 
 
 
 
 

行徳神輿 中台 實さん(昭和60年指定)

 行徳神輿は江戸時代以来の歴史を有しています。中台さんは四代目として50年以上にわたって、行徳神輿の製造に取り組んできました。
 
中台實さん
 中台さんは、主に木地師として古くから行徳地方に伝わる行徳大唐破風神輿をはじめ各種の神輿を製造しています。また、文化・文政時代の神輿の復元、修理等にも力を入れています。雅号は、「中台祐信」
 
有限会社 中台製作所  
代表取締役 中台 實
市川市本塩1-3
047(357)2061
中台さんの作品
作業場の様子

江戸つまみかんざし 穂積 実さん(平成3年指定)

 小さく刻まれた色鮮やかな羽二重を、つまんで作ることに由来するつまみかんざしは、江戸時代初期、上方に起こり江戸に伝わったといわれています。
穂積実さん
 町人文化が開花した文化・文政年間に最盛期を迎え、明治以降も盛衰を経ながら今日まで、晴れ着姿を一層ひきたたせる女性の髪飾りとして受け継がれてきました。
 かんざしを通じて女性を演出し続けてきた穂積さん、「世の中が振り向いてくれるよう」流行には絶えず気を配っています。
 
夢工房穂積
穂積 実
市川市大野町
047(337)4506
穂積実さんの作品1
穂積実さんの作品2

木象嵌 戸島 甲喜さん(平成8年指定)

 木象嵌は一枚の板に、様々な形に切り取った色調の異なる木材を嵌(は)めこみ、絵や文字、模様などを表現する技術で、奈良時代の正倉院の宝物にも見ることができます。
戸島甲喜さん
 戸島さんは、この木象嵌の技術をもとに明治時代に完成された機械象嵌の技術を受け継ぐ、全国でも数少ない木象嵌師の一人です。
 戸島さんがデザインした木材の色や木目を生かした造形は、ブローチやペンダントなどの装身具、その他数多くの木工品の装飾に生かされています。
 
戸島 甲喜
市川市北方
047 (336) 6500
戸島さんの作品1
戸島さんの作品2

木彫刻 薮崎 保治さん(平成19年指定)

 行徳地区は江戸時代から神輿作りが盛んなところです。
藪崎保治さん
 薮崎さんは15歳からこの地の神輿店で彫刻の修行を始め、堂宮彫刻の技法を習得しました。その後東京での経験を経て、昭和30年代中頃から行徳の彫刻師として、数多くの欄間、神輿、山車、向背などの彫刻を手がけています。
 一木から生み出された躍動感あふれる彫刻に、熟練した職人技を感じることができます。
 
藪崎 保治
市川市押切
047 (357) 5697
藪崎さんの作品1
藪崎さんの作品2(浅間神社(押切 稲荷神社内))
製作作業中の薮崎さん

屏風 田島 義弘さん(平成22年指定)

 屏風の歴史は古く、室町時代頃から生活様式の移り変わりとともに、調度品、装飾品としてさまざまなものが創り出され、現代に至ったといわれています。
田島義弘さん
 田島さんは横浜で表具製作の修行を始め、表具全般の伝統技法を習得しました。近年、衰退の一途をたどる屏風製作に意を注ぎ、風炉先屏風に竹を組み入れるなど、その技術は県下において第一人者であり、また後進の指導・育成にも貢献しています。
 
田島経師店
市川市湊新田
047 (357) 6094
作品写真
作品写真

手描友禅 伊藤 知子さん(平成28年指定)

 友禅染は、江戸時代中期の扇絵師「宮崎友禅斎」が、小袖に小紋模様の多彩色の図案を描いたことが発祥といわれる、生地への染色技術です。
作業写真
 伊藤さんの手描友禅は、全ての工程を一人の作者の一貫作業で行なう点を大きな特徴とする「東京手描友禅」です。
 伊藤さんは、伝統を継承しつつ、現代的な図柄を取り入れるなど、新たな作品づくりにも取り組んでおり、次の世代にも引き継いでいきたいと意欲的に活動しています。


友禅工房・吐夢HOUSE
市川市八幡2-13-12
090 (7013) 8780

 

作品写真

作業写真


作品写真

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 経済部 商工振興課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目3番2-408号(グランドターミナルタワー本八幡)
電話:047-711-1140 FAX:047-711-1144
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで