ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 埋蔵文化財の調査について(※建築計画時に確認してください)

埋蔵文化財の調査について(※建築計画時に確認してください)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年12月6日

文化財保護法による発掘調査

 市川市には古くからの歴史があり、今皆さんがお住まいになっている地域にも、地下に竪穴住居跡などの文化財が眠っている場所が多くあります。
 文化財保護法では、地下に眠る文化財を「埋蔵文化財」と規定し、これらが広がる範囲(周知の埋蔵文化財包蔵地)を土木工事などで掘り返す際、埋蔵文化財を破壊する恐れがある場所については、発掘調査の届出を義務付けています。
 住宅建築や宅地造成などの土木工事を行う予定がある場合は、事業地が発掘調査を必要とする場所にあたるか、必ず考古博物館文化財グループにご確認ください。
 確認の結果、その土地が周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれ、まだ発掘調査がされていない場合などには、着工の60日前までに発掘調査の届出が必要です。
 
◇埋蔵文化財発掘届等の窓口のご案内◇
  埋蔵文化財発掘届等は、下記の窓口で受付しております。
  周知の埋蔵文化財包蔵地の確認については、電話・FAXでもお答えしております。
  ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

  <住所・電話番号等>
    272-0837
    千葉県市川市堀之内2丁目271号 市立市川歴史博物館1
    市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館 文化財グループ
    電話:047-701-8399  FAX047-372-5770
    窓口時間:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時から午後510
 

届出書等

調査が必要な場合は、次の(1)から(4)の書式を提出していただきます。

 

(1)届出書書式(土木工事用)

家屋建築や開発行為などの一般的な土木工事の際に使用します。 

届出書は、必ず両面印刷の上記入して2提出してください。

(決まった書式ですので内容を変更された場合、受付できない場合があります。)

届出書記載例

土木工事以外の、専門機関が学術的に行う調査や、国や県、市の事業で発掘を要する

場合は、文化財グループまでお問合わせください。

 

(2)承諾書

発掘調査をする事を土地所有者の方に承諾いただく書類です。提出は1部です。
 
(3)協議書

発掘調査の結果、文化財を地下に保存したまま工事を行う事が可能な際に必要な書類です。

  提出は1部です。(こちらの書類については、確認調査後でも結構です。)

 

(4)添付書類について(図面)

 

届出から調査の流れについて

届出書のご提出後、発掘(試掘・確認)調査から、保存、本調査、着工までの基本的な流れは、次のフローチャートをご確認ください。

 

フローチャート

 

記載してあるのは、あくまで文化財保護法に関する流れです。他の建築関係の法令等については、各所管課にご確認ください。

 

よくある質問

Q1.周地の埋蔵文化財包蔵地の範囲はホームページで公開されていますか?また、図面などはありますか?

A1.周知の埋蔵文化財包蔵地は、逐次変更されております。また直接確認を行っていただくため、範囲はホームページ等では表示しておりません。同じ理由で図面も提供しておりません。

 

Q2.電話等でも範囲を確認することはできますか?

A2.埋蔵文化財が全くないエリアなどについては、お電話・FAXでもお答えしております。(お電話等で判断できない場合は、ご来庁をお願いする場合があります。)

 

ご不明な点など、詳しくは文化財グループまでお問い合わせください。 
 

外かん道路事業等に伴う埋蔵文化財調査について


外かん道路事業等に伴う埋蔵文化財の調査については、
こちら(外部リンク : 公益財団法人 千葉県教育振興財団)をご覧ください。



Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで