ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(国指定)−日蓮自筆遺文

文化財(国指定)−日蓮自筆遺文

印刷する
更新日: 2015年4月10日

日蓮自筆遺文(にちれんじひついぶん)

日蓮自筆遺文
日蓮自筆遺文
 日蓮上聖人の自筆遺文は入寂後一周忌に収録されたものがあり、これを録内と呼びます。さらに三周忌にも集めましたが、これは録外と呼んでいます。このほか、室町時代から江戸時代初期にかけても収録し、現在でも続けられています。それらの真蹟類をもっとも多く収蔵しているのが法華経寺ですが、これは開基の日常や、太田乗明(おおたじょうみょう)が多く所蔵していたためであり、さらに3代日祐によって集められたものです。

 日蓮の書は奔放闊達な筆勢であり、細目の大きい字で書かれた長文の書状形式のものがたくさんあります。内容は撰述(詩歌・文章を選んだり書き加えたもの)類と、消息類、仏典から抄出した要文類に大別され、形式は巻子装(かんすそう、巻物仕立て)がほとんどで、『法華取要抄』などの76点の遺文が聖教殿(じょうぎょうでん)に保管されています。
 
 ⇒日蓮自筆遺文(目録)
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで