ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(国指定)−立正安国論

文化財(国指定)−立正安国論

印刷する
更新日: 2015年4月10日

立正安国論(りっしょうあんこくろん)

立正安国論
立正安国論
 中山法華経寺が所蔵する二つの国宝の一つです。
 日蓮48歳の時の著で、鎌倉幕府の前執権北条時頼に建白した『立正安国論』の控えの真筆です。厚手の楮紙(ちょし)36枚継ぎ、縦29cm、全長15.98mに及び、各紙片の端に枚数を記しています。
 
 原文は漢文で、「当今いろいろと国に災いが続くのは念仏の流行に原因がある。もし、これを禁じないでおけば、さらに内乱外寇が必ず起こるであろう」と経文をあげて予言し、これを防ぐためには法華唱題を広めるよりほかになく、またこれを用いない為政者は早死にするということを、主人と旅人の問答形式で書いています。
 
 奥書には「文応元年(1260)太歳庚申勘之 従正嘉始之文応元年勘畢」と記し、ついで予見的中の諸箇条を追記したあと「文永六年(1269)太歳己巳十二月八日写之」と執筆の年次が明らかになっています。
 これは日蓮が正面から堂々と幕府を諫めたものなので、字体も略字を用いず楷書で書き、厳しい調子が全体にあふれています。このため、以後日蓮は次々と迫害を受けることになるのです。
 
 なお、第24紙目は紛失したため、これを慶長6年(1601)11月6日に日通が補写して挿入しています。また軸紙によると正保3年(1646)8月に本阿弥光甫が補修していることが分かります。
 
 

メモ
念仏

鎌倉時代に新しくいくつかの宗派が起こりましたが、その中で「南無阿弥陀仏」と口で唱える派を念仏宗と呼びました。浄土宗・浄土真宗・時宗を指します。
図書館所蔵検索ボタン(別ウィンドウで開きます)

クリックすると図書館の蔵書検索システムで、
「立正安国論」に関連する資料を確認できます。


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで