ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(国指定)−法華経寺五重塔

文化財(国指定)−法華経寺五重塔

印刷する
更新日: 2015年4月14日

法華経寺五重塔(ほけきょうじ ごじゅうのとう)

法華経寺五重塔
法華経寺五重塔
 父光徳の3回忌と母妙光の5回忌にあたる元和8年(1622)に、本阿弥光室が加賀藩主前田利光の援助を受けて建てたもので、総高31.6m、江戸時代初期の様式をとどめる県下唯一の五重塔です。落ち着いた和様の形式を持ち、各層の大きさは方三間、初層から四層まで軒二重繁垂木で、最上層の垂木だけを扇垂木としているのはこの時代の傾向を示しています。

 細部の装飾は少なく、蓑束と格子、窓下の格狭間以外には彫刻なども見当たらず、外部全体は朱塗で仕上げられています。屋根は銅板瓦棒葺で、二層以上はぐるりと回縁高欄がありますが、初層は高欄がなく、四面とも中央に桟唐戸があり、両脇に連子窓をつけています。塔の内部は初層だけが部屋としての体裁をもち、心柱を囲んで金箔を施した四天柱が立ち、高欄を巡らせて須弥壇が作られています。柱上部や組物には美しい彩色模様があります。

 関東地方には江戸時代以前の五重塔は少なく、法華経寺のほかには3基残るだけです。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで