ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(市指定)−ヒメアカネ

文化財(市指定)−ヒメアカネ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月22日

ヒメアカネ(ひめあかね)

ヒメアカネ
ヒメアカネ
 このトンボは、トンボ目トンボ科アカトンボ属に属するアカトンボの一種で、わが国に産するアカトンボ属の中では最少のものです。丘陵地や低山地の水生植物が繁茂する湿地や湧水地(ゆうすいち)、山裾の水田などに生息しています。しかし、ヒメアカネの数も少なくなり、その生息地も減少しています。
 
 典型的な下総台地の自然環境を残しているといわれる大野町、大町の湧水地のある湿地や、水田とその周辺の樹林に、7月末から10月ごろまで成虫が出現します。生息地の一部は大町公園自然観察園として管理されていますが、自然環境の破壊などにより、絶滅の恐れも出てきています。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで