ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(市指定)−木彫日蓮坐像

文化財(市指定)−木彫日蓮坐像

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月1日

木彫日蓮坐像(もくちょうにちれんざぞう)

木彫日蓮坐像
木彫日蓮坐像
 唱行寺ご本尊の木彫日蓮坐像は、袈裟(けさ)をかけ、右手に笏(しゃく)、左手に巻子(かんす)を持った一般的な日蓮の坐像であり、本格的な肖像彫刻です。総高38センチメートル、肩幅24センチメートル、裾張り45センチメートルの寄木造、玉眼(ぎょくがん)で、簡素な彫りですが、どっしりと重みのある姿です。頭部と本体は差し頸の形式で、両手と笏は昭和修理時に後補されています。
 
 製作年代は明らかではありませんが、像内に明応8年(1499)の墨書銘のある修理部材が納められていることからすると、室町期以前の作と推定され、作者も日蓮の弟子の日法(にっぽう)と伝えられています。東京・池上本門寺にある正応元年(1228)在銘の日蓮聖人坐像は日法の作ですが、唱行寺の日蓮坐像も本門寺像の形式を受け継いでいます。
 
 明応の修理銘は以下の通りです。
 
  唱行寺住持日慈
  明應八己未十一月七日ヨリ
  修補サスルモノナリ
  令伝久住広宣流布


 このほか像内には、元禄3年(1690)の修理銘や昭和16年(1941)に修理したときの古い両手首や笏なども納められています。

 
メモ
玉眼(ぎょくがん)

水晶で作られた眼。木彫像の眼の部分をくり抜いて、内側から瞳を描いた水晶玉を当てます。

アクセス

所在地: 柏井町1-1696

交通: JR総武線西船橋駅から白井行バス「上山町」下車徒歩7分

見学は、唱行寺にお問い合わせください。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)