ホーム > 市政情報 > 施設のお知らせ > 考古博物館 > 企画展示のご案内 > 小企画展「縄文の海を泳いだコククジラ」

小企画展「縄文の海を泳いだコククジラ」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年8月23日

   
 昭和33年、平田1丁目の工事現場から一頭分のコククジラの骨が発掘され、大きな話題になりました。このクジラは、その後に骨格復元されて考古博物館に展示されることになり、骨の一部を炭素年代法で測定した結果、今から約5000年前(縄文時代)のものであることがわかりました。近年、市史編さん事業の調査の過程で、発見時の貴重な映像が新たに確認されたこと、産出した地層の詳細が明らかになったことなどから、これまでの調査結果をまとめた小企画展を開催することに致しました。


【日時】 平成29年6月24日(土)から平成30年6月10日(日)まで

【場所】 考古博物館1階ホール

【主催】 考古博物館・文化振興課

【関連事業】 講演会「縄文の海を泳いだコククジラ」は終了しました

【制作】 考古博物館学芸員、及び平成29年度館務実習生
 
 

考古博物館のコククジラ
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで