ホーム > 市政情報 > 施設のお知らせ > 考古博物館 > 企画展示のご案内 > 小企画展示「指で組む −組紐古技法『クテ打』試作展−」

小企画展示「指で組む −組紐古技法『クテ打』試作展−」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年7月3日

 現代では和装の帯締や羽織紐など、伝統工芸品として知られる組紐は縄文時代から存在します。画期となったのは古墳時代で、ループ(輪)状の原料を指にかけて組む技術・クテ打が登場して高度に発展しました。近代以降忘れられていたその技術が近年は復元されており、当館でも来館者向けに体験学習を開催するほか技術の伝承にも取り組んでいます。今回の展示では指操作法の概要をパネルで紹介し、技術を応用した試作品や関連資料によりクテ打と当館ボランティアの成果をご覧いただきます。


【日時】 平成30年6月23日(土)から翌年6月9日(日)まで(延長の可能性あり)

【場所】 考古博物館1階ホール

【協力】 市立市川考古博物館組紐ボランティア、株式会社 中村正、宮内庁正倉院事務所ほか(敬称略、順不同)

【製作】 平成30年度館務実習生、考古博物館学芸員
 
 

組紐展ポスター

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで