冬の節電にご協力ください

印刷する
更新日: 2015年12月3日
市川市の環境

ウォームビズいちかわ

 12月は地球温暖化防止月間です。国が1997年のCOP3京都会議を契機に始めたもので、地球温暖化防止に向け、国民、事業者、行政が一体となって国民運動の展開を図っています。
 ウォームビズとは、この寒い季節、暮らしの中で工夫を凝らすことで、暖房に頼りすぎず、賢い生活を送ることです。ウォームビズへのご協力をお願いいたします。
 

自宅における5つの取り組み

ウォームビズ衣類の工夫
1.室内は適度な温度・湿度に設定しましょう
     こまめな温度調節で室温を20℃以下に保ちましょう
   →年間で約1,430円節約
     (外気温度6℃の時、エアコンの設定温度を
      21度から20度にした場合 使用時間:9時間/日)

  暖房は必要な時だけつけましょう
   →年間で1,100円節約(暖房を1日1時間短縮した場合)

   エアコンのフィルターを定期的に掃除して暖房効果をあげましょう
   →年間で860円節約(フィルターが目詰まりしているエアコンと掃除した場合の比較)

 ※資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド」より
  暖房運転期間を10月下旬〜4月中旬の年間169日で計算


2.あたたかい空気を逃さない工夫をしましょう
      カーテンなどを使って窓から熱を逃さない工夫をしましょう

3.体の芯から、しっかりあたためましょう
      ゆっくりお風呂につかる、寝る時は湯たんぽを使うなど
   近所の銭湯で暖かくて広いお風呂につかる
 
4.身につける物の工夫で体をあたためましょう
      外気に触れやすい首や足首をマフラーなどであたためましょう

5.飲食もひと工夫して、体の中からあたためましょう
      鍋や煮込みなどの調理法、根菜類(ねぎなど)香辛料など体をあたためる食材を
   取り入れましょう

オフィスにおける5つの取り組み

ウォームビズ住まいの工夫
1.室内は適度な温度・湿度に設定しましょう
     暖房時の温度設定は20℃以下に保ちましょう
     湿度が高いと、よりあたたかく感じられます。加湿器や植物を置く
  などして、湿度を快適に保ちましょう

2.あたたかい空気を逃さない工夫をしましょう
    天気の良い日はブラインドを開けて太陽光を採り入れましょう
    天気の悪い日はブラインドを閉めて空気が冷めるのを防ぎましょう

3.体の芯から、しっかりあたためましょう
    仕事の休憩時間にストレッチなど軽い運動で体をあたためましょう
    デスクに長時間座っているときは、時折、首や足首を回すなどしましょう

4.身につける物の工夫で体をあたためましょう
    保温効果が高い素材のインナーを着用しましょう
    ひざかけ、カーディガン、カイロなど小物で体をあたためましょう

5.飲食もひと工夫して、体の中からあたためましょう
    紅茶やココアなど、あたたかい飲み物で暖を取りましょう。はちみつやしょうがなどを
      入れるとさらに効果的です
    ランチではあたたかい料理を食べましょう。大根やねぎなどの根菜類、香辛料は体を
      温めてくれます
 


関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境政策課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6305 FAX:047-712-6308
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで