ホーム > 暮らしの情報 > 自然・環境・緑化 > 環境 > 地球環境(地球温暖化対策) > 環境に配慮した電気の使用を進めます

環境に配慮した電気の使用を進めます

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年10月19日
市川市の環境

「市川市クリーンセンターに電気供給する業務」における環境配慮契約の実施

 市川市クリーンセンターでは、「国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(平成十九年法律第五十六号)」に基づき、平成25年度より電気の調達契約における競争入札の実施に際し、電気事業者の環境負荷低減への取り組みを評価し、入札参加資格に反映する「環境配慮契約」を導入しています。

趣旨

 電気事業制度改革により一般電気事業者(東京電力)だけでなく特定規模電気事業者(PPS)と電力の需給契約を行うことが可能となり、クリーンセンターでは平成24年度より一般競争入札を実施し、電気の使用に伴うコスト削減に取り組んでまいりました。
 一方で、電気事業者の発電に伴う温室効果ガス排出量(排出係数)や再生可能エネルギー導入状況などの環境負荷低減への取り組みには差異があります。
 そこで、平成25年度よりクリーンセンターの電気の購入に係る入札に際し、電気事業者の環境負荷低減への取り組みを評価して入札参加資格に反映する「環境配慮契約」を導入することにより、電気の使用に伴う温室効果ガスの削減を図るとともに、持続可能な社会の構築に資するため、環境配慮契約の普及に率先して取り組んでいます。
 
 

入札に参加する者に必要な資格(環境配慮条件)

 各項目の合計得点が70点以上の電気事業者についてのみ、電気の入札に参加する資格を得るものとします。

(設定する項目と配点)

環境配慮項目(配点) 内容
基本項目 二酸化炭素排出係数(※1)
(70点満点)
平成25年度の1kWh当たりの調整後二酸化炭素排出係数により評価(単位:kg-CO2/kWh)
未利用エネルギー活用状況(※2)
(15点満点)
発電に利用した工場等の排熱利用など、未利用エネルギーによる発電電力(kWh)を供給電力(kWh)で除した数値を評価(単位:%)
再生可能エネルギー導入状況(※3)
(15点満点)
「FIT法」で定める再生可能エネルギー源による発電電力(kWh)を供給電力(kWh)で除した数値を評価(単位:%)
加点項目 グリーン電力証書の譲渡
(※4)
(10点満点)
グリーン電力証書の市川市への譲渡量により評価(単位:%)
情報提供の取組
(5点満点)
省エネルギー・節電に関する市川市への情報提供の取組み状況により評価

(※1) 1kWh発電する際に、どれだけのCO2を排出しているかを示す数値
(※2) 工場等の排熱、排圧等
(※3) 太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等
(※4) 自然エネルギーにより発電された電気の「環境付加価値」を証する証書

資料等

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境政策課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6305 FAX:047-712-6308
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで