市川みどり会

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月30日
 市川市は、首都東京のベットタウンとして早くから宅地化が進んでいましたが、昭和30年代後半からの高度経済成長により急激に都市化が進み、豊富にあった山林や農地が次々に減少し、我が郷土市川の自然環境の悪化がさけばれました。
 市川みどり会は、このような状況を憂慮した山林所有者が集まり、自然景観を守り、どこよりも住みよい環境を次代に受け継ぐことが責務と考え、都市の緑地を保全する組織としては全国初の団体として昭和47年12月10日に設立いたしました。
大町の里山 撮影 高野史郎氏
大町の里山 撮影 高野史郎氏
 

 「市川みどり会」は、これらの緑地の減少を危惧する山林所有者が集まり、「まちの山林等の緑地は、自らの手で守り、次世代に引き継ごう」と、昭和四十七年に結成されました。
市川市と緑地保全に関する協定を結び、山林の維持管理に努めるとともに、緑化の啓発及び緑化の事業を強力に推し進めることと併せて、市川市が推進している「人と自然が共生するまちづくり」に積極的な参加と協力を行なっており、山林等の緑地の保全に努めています。


市川みどり会のホームページはこちらから 
「たかのさんの市川散歩ブログ」更新中 
市川市自然環境政策専門員として長年勤務された高野氏が、市川地区のみどりをめぐる話題をいろんな角度からお届けします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 自然環境課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6307(生物多様性グループ)
     047-712-6314(衛生グループ)
FAX:047-712-6364
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで