間違いやすい分別

印刷する
更新日: 2015年12月28日

ごみ出しで間違いやすいケース

間違いやすいごみ

プラスチック製容器包装類とプラスチック製商品そのものの混入

「プラスチック製容器包装類」とは、商品を入れたもの(容器)や包んだもの(包装)であって、中身の商品を取り出した(使った)後で不要となるプラスチック製のものをいいます。基本的には下図のマークがあるものですが、ポリ袋などマークがないものでも、プラスチック製の容器や包装類は対象になります。

間違えやすいプラ容器

 プラスチック製の商品(VTRテープ・CD、プラ製の玩具・ハンガー・洗面器・まな板・タッパーなど)は「燃やすごみ」の指定袋に入れて出してください。
 

間違えやすいプラ製品
 

 なお、18リットル以上の灯油ポリタンク、衣装ケース、プランターなど「大型ごみ」の扱いになるものもあります。

 

間違えやすい大型プラ
 

大型ごみについてはコチラ

ビン・カンの混入

  「ビン」と「カン」が同じ袋に入っていることがあります。
 「ビン」と「カン」は、リサイクルのルートが異なるため、別々の透明か半透明の袋に入れて出してください。
 (ビン・カン用の指定袋もありますが、透明か半透明であれば、指定袋以外で出すことができます。)

ビン・カンの分別

 「ビン」と「カン」を同じ袋に入っていることがあります。
 「ビン」と「カン」は、リサイクルのルートが異なるため、別々の透明か半透明の袋に入れて出してください。
 (ビン・カン用の指定袋もありますが、透明か半透明であれば、指定袋以外で出すことができます。)

カンとスプレー缶等の混入

 資源物としての「カン」を収集するとき、スプレー缶等(オイル缶含む)が混ざっていることがあります。スプレー缶やカセット式ボンベは必ず使い切ってから、「燃やさないごみ」の指定袋に入れて出しましょう!
 火気がなく、風通しの良い屋外で、中のガスを必ず使いきってから出しましょう。「ガス抜きキャップ」等を使用して出し切ってください。

スプレー缶は使い切って燃やさないごみ

ビンと化粧品・食用油・薬品などのビンの混入

 市川市で資源物として収集している「ビン」は、ビール・ワイン・ジュースなどのビンに限られます。
 化粧品・食用油・耐熱ガラス・食器、薬品等のビンは、「燃やさないごみ」の指定袋に入れて出しましょう。
 

燃やさないごみになる特殊なビン

枝葉の出し方

 枝は、長さ50cm以下に切り、直径30cm程度の束でしばり、1回に2〜3束ずつ出してください。
 (「燃やすごみ」用の指定袋に入れる必要はありません。)
 一方、葉は、「燃やすごみ」用の指定袋に入れて出してください。

枝・葉の捨て方

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 清掃部 循環型社会推進課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
家庭系ごみについて 電話:047-712-6317 FAX:047-712-6320
事業系ごみについて 電話:047-712-6318 FAX:047-712-6320
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで