ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 財政 > 新地方公会計制度

新地方公会計制度

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月18日
 市川市では、資産・負債及び費用を適切に管理し、財務情報を分かりやすく開示するため、総務省から示された発生主義・複式簿記により企業会計的手法(基準モデル)による財務書類4表(貸借対照表・行政コスト計算書・純資産変動計算書・資金収支計算書)を、作成しています。
 詳細は、下記からご覧ください。

財務諸表4表(貸借対照表・行政コスト計算書・純資産変動計算書・資金収支計算書)

施設別行政コスト計算書
  ・財務書類4表のうち、行政コスト計算書の費用と収益の状況を施設ごとに集計することにより、
   各施設の効率性を把握し、今後の施設運営の改善に役立てるものです。

事業別行政コスト計算書
  ・財務書類4表のうち、行政コスト計算書の費用状況を、事業ごとに集計したものです。

主な公共施設の老朽化比率

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 財政課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8595 FAX:047-712-8757
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで