ホーム > 事業者向け情報 > 入札・契約・検査 > 入札・契約 > その他 > 建設工事の平成29年度入札・契約制度の改正について

建設工事の平成29年度入札・契約制度の改正について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年4月3日

平成29年4月1日以降に市川市が発注する建設工事等の入札・契約制度について以下の改正を行いました。

1.労働者の適切な賃金水準による賃金支払いの確認について

 設計金額が3,000万円を超える建設工事において、調査基準価格を下回った価格で契約を締結した事業者(受注者)及び下請業者に対して、労働者の適切な賃金水準による賃金支払いの確認を行います。
 手続き方法につきましては、受注者及び下請業者に労働者賃金支払報告書等を作成していただき、受注者が取りまとめたうえで、市に提出していただくこととなります。

2.調査基準価格及び最低制限価格の見直しについて

 市川市が準拠する「工事請負契約に係る低入札価格調査基準中央公共工事契約制度運用連絡協議会モデル」(中央公契連モデル)が改正され、建設工事の請負の契約について、直接工事費の算定率が引き上げられました。(下表参照)
 詳細は、「市川市低入札価格調査制度に関する要綱」を参照ください。
直接工事費 共通仮設費 現場管理費 一般管理費
95% 90% 90% 55%
 
直接工事費 共通仮設費 現場管理費 一般管理費
97% 90% 90% 55%

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 契約課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
契約グループ 電話:047-712-8593 FAX:047-712-8757
用度グループ 電話:047-712-8594 FAX:047-712-8757
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで