ホーム > 暮らしの情報 > 救急・消防 > 消防 > 市川市の消防団 自分達の街は自分達で守る!消防団員募集中です 

市川市の消防団 自分達の街は自分達で守る!消防団員募集中です 

印刷する
更新日: 2015年6月17日

市川市消防団

市川市の消防団は、平成27年4月1日現在で7名の女性を含む350名のさまざまな職業を持った人たちで構成されています。
それぞれの地域の安全を守るために希望して入団した人たちです!
(消防団員の身分は特別職の地方公務員です)

市川市消防団の組織 市長の下に消防団長 副団長 女性消防団員 第1分団から第23分団まであります

消防団の仕事

平常時 地域の防災リーダー
   

自治会などの訓練では、指導する立場

 

地域の安全パトロール

   

火災予防運動中や年末年始の安全パトロール

 

定期訓練

    定期的に集まりコミュニケーションを図るとともに、自分たちの技術向上を目指します。
   
災害時 火事・水害・地震等の災害が発生すると、いち早く駆けつけ、防除作業、救助・救援活動を行います。

消防団員の報酬と出動手当

1. 団員の年額報酬

消防団は、郷土を災害から守るという犠牲的な奉仕精神を持った団員の集まりですが、その日頃の労苦にわずかばかりでも報いようとする意図から、市町村では条例で定めるところに従って報酬を支給しています。
市川市では、年額報酬として階級に応じて36,500円〜147,500円を支給しています。

2. 団員の出動手当

 (1) 災害出動(消防団活動に従事した場合)      1回につき7,000円を支給
 (2) 災害出動(消防団活動に従事しなかった場合)  1回につき2,500円を支給
 (3) 警戒                           1回につき2,500円を支給
 (4) 訓練                                                          1回につき2,500円を支給
 

消防団員の公務災害補償

1. 療養補償

公務による負傷または病気にかかったとき、それが治癒するまで必要な療養を行い、またその療養に必要な費用が支給されます。

2. 休業補償

公務による負傷または病気による療養のため働けなくなり収入が得られなくなったとき、その期間について支給されます。

3. 傷病補償年金

療養を始めてから1年半経過してもそれが治らず、なお長期の療養を必要とするとき、その傷病等級に応じて年金が支給されます。

4. 障害補償

公務による負傷や病気が療養によって治った後でも、身体に障害が残ったときはその等級に応じて年金か一時金が支給されます。

5. 介護補償

公務により傷病補償年金または障害補償年金を受ける原因となった障害のうち、特定の障害により常時または随時介護を要する状態にある方に、介護を受けたための費用が支給されます。

6. 遺族補償

公務により死亡した消防団員の遺族に対して、年金または一時金が支給されます。

7. 葬祭補償

公務により死亡した消防団員の葬祭を行う者に対して、葬祭費用が支給されます。

地域の安全と安心を守る消防団員募集中!

消防団員による放水
応募資格
市川市内在住または在勤で18歳以上の健康な方
 (消防団には、学生、会社員やOL、自営業者、主婦など様々な人が入団しています。)
 
問い合わせ
市川市消防局 警防課 市民防災担当 電話 047-333-2179
(夜間・休日は 電話 047-333-2111(代)へ)
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 消防局 警防課
〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号
電話:047-333-2138 
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで