ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 人権 > 12月4日から10日は第68回人権週間です

12月4日から10日は第68回人権週間です

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年12月21日

市川市の取り組みをご紹介します

 国連は、「世界人権宣言」の採択を記念して、採択日の12月10日を「人権デー」と定めました。国の人権擁護機関では、毎年、12月4日から12月10日を人権週間と定め、全国で人権に関するイベントが開催されています。
 市川市では、12月10日(土)に文化会館小ホールで「ハートフルヒューマンフェスタいちかわ2016」を開催するほか、次のような取り組みを行います。
人権は、人が人として生きるために当然な、誰もが生まれながらに持っている権利です。自分自身を大切にするように、相手の立場に立ち、人に対して思いやりの気持ちを持つだけで良いのです。この機会に、人権問題を自分自身の問題と受け止め、お互いの人権を考えてみませんか。

  人権週間の詳細はこちらからご覧ください。(PDF464KB)
市川市の人権に関する取り組みは、人権擁護委員と連携して行っています。

人権擁護委員とは?
 人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づいて、人権相談を受けたり人権の考えを広める活動をしている民間ボランティアです。
 人権擁護委員制度は、様々な分野の人たちが人権思想を広め、地域の中で人権が侵害されないように配慮して人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたもので、諸外国に例を見ない制度として発足しました。
 人権擁護委員は無報酬ですが、現在、約14,000人が法務大臣から委嘱され、全国の各市町村(東京都においては区を含む。)に配置されて、積極的な人権擁護活動を行っています。

なお、本市においては、18名の人権擁護委員が、日々人権擁護の啓発に努めています。

市内小中学校児童・生徒の人権ポスター原画作品展示

12月3日(土)から12月11日(日)まで、メディアパークのロビー(中央図書館入口)で、平成28年度千葉県子どもの人権ポスター原画コンテストに応募された市内小中学校児童・生徒の作品を展示します。※12月5日(月)は休館日につきご覧いただけません
ご家族でぜひ、ご覧ください。  

懸垂幕を掲げます

人権週間(12月4日から12月10日)の間、市役所本庁舎に人権週間の懸垂幕を掲げます。

特設相談の実施

人権擁護委員による特設相談を実施します。

 実施日時:12月14日(水)13時00分〜16時00分
 実施場所:市役所本庁舎 1階 総合市民相談課

いじめ、親子・夫婦・相続などの家庭問題、借地・借家・名誉・信用・差別・いやがらせ、相隣関係など、心配事や悩みを抱えている方の相談を、弁護士委員も含む人権擁護委員が相談をお受けします。
秘密厳守でお受けしますので、安心してご相談ください。費用は無料です。また、予約は不要ですので、直接会場へお越しください。
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 総務部 男女共同参画課
〒272-0034
千葉県市川市市川1丁目24番2号
電話:047-322-6700 FAX:047-322-6888
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで