ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 市政・法律 > 政治分野における男女共同参画

政治分野における男女共同参画

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年1月17日

政治分野における男女共同参画の推進に関する法律が施行されました

 「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」は、政治分野における女性の参画拡大が政治に多様な民意を反映させる観点から極めて重要であることから、政治分野における男女共同参画を効果的かつ積極的に推進し、男女が共同して参画する民主政治の発展に寄与することを目的として、2018年5月23日に公布、施行されました。
 

日本の女性議員割合

 日本の国会議員に占める女性の割合は、参議院議員は20.7%、衆議院議員は10.1%となっていて、国際的には、世界193か国中、日本は160位(2018年5月現在)と低い状況です。また、地方議会議員に占める女性の割合については、都道府県議会で10.1%、市区議会で14.9%、町村議会で9.9%と低い状況にあり、町村議会の3割以上では女性議員が一人もいません。こうした状況を改善するため、政治分野における男女共同参画の推進に関する法律が成立しました。(出典 内閣府「共同参画」2018年6月号)

 なお、市川市議会女性議員の割合は42人中7人が女性で16.7%です。(2019年1月現在)
 

関係資料

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 総務部 多様性社会推進課
〒272-0034
千葉県市川市市川1丁目24番2号
電話:047-322-6700 FAX:047-322-6888