ホーム > 暮らしの情報 > 下水道・浄化槽 > 雨水 > (通称)市民あま水条例

(通称)市民あま水条例

印刷する
更新日: 2013年8月2日

雨水の地下への浸透及び有効利用の推進

市川市宅地における雨水の地下への浸透及び有効利用の推進に関する条例(通称 市民あま水条例)

市川市では、平成17年2月議会で上記の条例が可決され、平成17年7月1日から施行されました。

○市民あま水条例が、第8回「日本水大賞」の奨励賞を受賞しました 。(2006年5月1日)

日本水大賞は、水環境の健全化に貢献する研究や活動に対して支援することを目的に、社団法人「日本河川協会」が事務局となり、環境省や国土交通省の後援で、日本水大賞委員会が実施しています。

第8回となる今年度は全国から159件の応募がある中で、本市の市民あま水条例の制定による雨水浸透施設設置推進の取組みが高く評価され奨励賞をいただくことができました。

 

条例の出来た理由

そう遠くない昔、まだ田畑や雑木林が多かった頃、雨水は地下に浸透することで自然の水循環のバランスが保たれていました。しかし、都市化の進展に伴い地表が建物の屋根やアスファルト舗装に覆われてしまい、地下水や湧水が枯渇して河川の水質の悪化や地盤沈下、ヒートアイランド現象などが起こるようになりました。また、台風の時などは多くの雨水が浸透せずに短時間のうちに宅地の外に流れ出し低い土地にたまる都市型水害の原因にもなっています。

こうした状況の中で、良好な水循環の保全や浸水被害の軽減を図るには、河川改修などの行政の施策だけでなく、市民一人ひとりが自己の所有する宅地に降った雨水は宅地内で浸透や貯留して下流に流さないことが何より効果的です。

また、渇水や非常時の断水に備えた、水資源としての雨水の有効利用の推進も併せて求められています。

そこで、市民と行政の協働により、雨水浸透施設及び雨水小型貯留施設の設置を一層進めるために、全国に先駆けてこの条例は制定されました。

水の循環による環境の保全
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 水と緑の部 河川・下水道管理課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
 下水道施設グループ:電話047-712-6358 FAX:047-712-6360
 雨水施設グループ:電話047-712-6361 FAX:047-712-6360
 排水施設管理グループ:電話047-712-6354 FAX047-712-6355
 
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで