ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 審議会 > 市川市スポーツ推進審議会

市川市スポーツ推進審議会

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月6日

審議会の概要

1.名称   市川市スポーツ推進審議会
 
2.委員   10名(学識経験者 7名、関係行政機関の職員 3名)
        任期 2年間

委員名簿

※平成28年11月1日〜平成30年10月31日
 
 
役職 選出区分 氏名
委員 学識経験者 佐々木 森雄
委員 学識経験者 玉井 令二
委員 学識経験者 水野 哲也
委員 学識経験者 湊 久美子
委員 学識経験者 松尾 正敏
委員 学識経験者 渡邉 隆子
委員 学識経験者 小幡 晶子
委員 関係行政機関の職員 清水 輝和
委員 関係行政機関の職員 山口 美佐子
委員 関係行政機関の職員 小林 淳

審議会の開催

平成28年度 第2回市川市スポーツ推進審議会
 
  〔日時〕 平成29年3月7日(火) 13時15分から15時00分まで
 
  〔場所〕 市川市役所 本庁舎 3階 第4委員会室
 
  〔内容〕
       (1)審議事項
        市川市スポーツ振興基本計画の見直しについて
       (2)報告事項
        [1]北市川運動公園について

        [2]平成28年度事業実施報告(下半期)について
        
傍聴を希望される方は、開始5分前までに直接会場までお越しください。
※先着5名程度

市川市スポーツ推進審議会条例

○市川市スポーツ推進審議会条例

昭和37628

条例第20

 

(設置)

1条 本市に、スポーツ基本法(平成23年法律第78号。以下「法」という。)31条の規定により市川市スポーツ推進審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(23条例38・一部改正)

 

(任務)

2条 審議会は、法第35条に規定するもののほか、市長又は教育委員会の諮問に応じてスポーツの推進に関する次に掲げる事項について調査審議し、及びこれらの事項に関して市長又は教育委員会に建議することができる。

(1) 法第10条第1項の規定によるスポーツ推進計画に関すること。

(2) スポーツの施設及び設備に関すること。

(3) スポーツの指導者の養成及びその資質の向上に関すること。

(4) スポーツの事業の実施及び奨励に関すること。

(5) スポーツの団体の育成に関すること。

(6) スポーツによる事故の防止に関すること。

(7) スポーツの技術水準の向上に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、スポーツの推進に関すること。

(20条例3・平23条例38・一部改正)

 

(組織)

3条 審議会は、委員10人以内で組織する。

(23条例38・一部改正)

 

(委員)

4条 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が教育委員会の意見を聴いて委嘱する。

(1) 学識経験のある者 7

(2) 関係行政機関の職員 3

2 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

4 委員は、非常勤とする。

(20条例3・平23条例38・一部改正)

 

(会長及び副会長)

5条 審議会に、会長及び副会長各1人を置き、委員のうちから互選する。

2 会長は、会務を総理し、審議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(23条例38・一部改正)

 

(会議)

6条 審議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、議長となる。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(23条例38・一部改正)

 

(事務)

7条 審議会の事務は、保健スポーツ部において処理する。

(39条例11・平19条例3・平23条例38・一部改正)

 

(報酬及び費用弁償)

8条 市は、委員に対し、市川市特別職の職員の給与及び報酬並びに旅費及び費用弁償に関する条例(昭和31年条例第26)の定めるところにより、報酬を支給し、及び職務を行うための費用を弁償する。

(23条例4・一部改正)

 

(委任)

9条 前各条に定めるもののほか、審議会の運営その他必要な事項は、審議会が市長及び教育委員会の同意を得て定める。

(23条例38・一部改正)

 

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

 

附 則(昭和39108日条例第11)

この条例は、公布の日から施行する。

 

附 則(平成19322日条例第3)

(施行期日)

1 この条例は、平成1941日から施行する。

附 則(平成20328日条例第3)

(施行期日)

1 この条例は、平成2041日から施行する。

(市川市スポーツ振興審議会条例の一部改正等)

3 この条例の施行の際現にスポーツ振興審議会の委員である者は、平成2041日に、前項の規定による改正後の市川市スポーツ振興審議会条例(次項において「新審議会条例」という。)4条第1項の規定により委員として任命されたものとみなす。

4 前項の規定により任命されたものとみなされる委員の任期は、新審議会条例第4条第2項の規定にかかわらず、平成2041日における附則第2項の規定による改正前の市川市スポーツ振興審議会条例第4条第1項の規定により任命されたスポーツ振興審議会の委員としての任期の残任期間と同一の期間とする。

 

附 則(平成23328日条例第4)

(施行期日)

1 この条例は、平成2341日から施行する。

附 則(平成23916日条例第38)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に改正前の市川市スポーツ振興審議会条例(以下「旧条例」という。)4条第1項の規定により任命されたスポーツ振興審議会の委員である者は、この条例の施行の日に、改正後の市川市スポーツ推進審議会条例(以下「新条例」という。)4条第1項の規定により市川市スポーツ推進審議会の委員として委嘱されたものとみなす。この場合において、その委嘱されたものとみなされる者の任期は、新条例第4条第2項の規定にかかわらず、同日における旧条例第4条第1項の規定により任命されたスポーツ振興審議会の委員としての任期の残任期間と同一の期間とする。

(市川市特別職の職員の給与及び報酬並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部改正)

3 市川市特別職の職員の給与及び報酬並びに旅費及び費用弁償に関する条例(昭和31年条例第26)の一部を次のように改正する。

別表第2中「

スポーツ振興審議会委員

日額 9,100

」を「

スポーツ推進審議会委員

日額 9,100

」に改める。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 文化スポーツ部 スポーツ課
〒272-0827
千葉県市川市国府台1丁目6番4号 スポーツセンター内
電話:047-373-3111・047-373-3112 FAX:047-372-4290
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで