ホーム > 暮らしの情報 > 住民票・戸籍など > 戸籍届出 > 日本国籍を有するものの戸籍に記載がない方(無戸籍者)について

日本国籍を有するものの戸籍に記載がない方(無戸籍者)について

印刷する
更新日: 2015年2月17日
 子どもが生まれた場合、出生届により戸籍に記載しなければなりませんが、無戸籍者とは、何らかの理由により出生届を行わなかったことが原因で、日本国籍を有するものの、戸籍に記載されない方を指すものです。

 その主な理由でありますが、女性が元夫との離婚後300日以内に子を出産した場合、原則として、民法第772条の規定により、元夫が当該子の父と推定され、戸籍上も当該子は元夫との子として取り扱われるところ、出生届の届出義務者である母が、他に当該子の血縁上の父が存在すること等を理由として出生の届出をしないために、当該子が戸籍に記載されないことが挙げられます。

 このような経緯により、無戸籍者は、戸籍謄本等により身元を証明することができないために、社会生活上様々な不利益を被ることがあるほか、各種の行政サービスを享受する上で困難が生じています。

 無戸籍者を戸籍に記載する方法については、以下にお問い合わせください。

 

 千葉地方法務局市川支局 

  住所 市川市大野町4丁目2156番地1
  電話 047−339−7701
 












手続等の詳細について知りたい方は、下記法務省ウェブサイトをご参照ください。


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 市民課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 電話受付 電話:047-712-8649 FAX:047-712-8724
 戸籍グループ 電話:047-712-8650  FAX:047-712-8724
 作成グループ 電話:047-712-8651  FAX:047-712-8724
 マイナンバーグループ 電話:047-712-8676  FAX:047-712-8724
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで