ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 「総合消費料金」に関する架空請求ハガキは無視しましょう

よくある質問


「総合消費料金」に関する架空請求ハガキは無視しましょう

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年10月18日
「総合消費料金」に関する架空請求ハガキは無視しましょう

  今年の3月下旬から、「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達センター」などと名乗る機関からハガキが届いたという相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。
 機関名を変えてますが、内容は過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、『総合消費料金に関する訴訟最終告知』といった見出しで、消費者を脅して不安にさせたうえで、訴訟の取り下げ等について相談するよう誘導します。
 消費者が連絡したところ、弁護士を名乗るものを紹介され、最終的にはコンビニでプリペイドカードを購入し、お金を払ってしまったとの相談も寄せられています。
 今後も機関名をかえて、消費者に同様の架空請求ハガキを送付する恐れがあります。絶対にハガキに書いてある連絡先に連絡してはいけません。無視しましょう。
 不安なことがありましたら、消費生活センターまでご相談ください。  


      詳しくはこちらへ ⇒  国民生活センター
                    市川市内で届いたハガキ

     市川市消費生活センタートップページ
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで