ふれあい農園

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年7月14日

ふれあい農園とは?

概要

「ふれあい農園」は、遊休農地を利用して市民にさつまいもなどの栽培体験を通じて、「農業の大切さ」や、「土に触れることの楽しさ」を知っていただくために行っています。
この事業は、平成元年度から開始し、現在でも市民に体験していただいています。

いっぱいとれました(ふれあい農園イメージ)

畑の準備や栽培指導等は市が行いますので、経験のない方でも気軽に体験できます。毎年、申込み希望者が多く、抽選となっております。

 

平成29年度ふれあい農園について

平成29年度のふれあい農園について

○落花生栽培体験

 千葉県が全国一の産地である落花生、特に採りたての食味が優れている「おおまさり」(ゆで用落花生)を栽培します。

 約30組の市民が体験しており、5月に植付、7月に追肥・除草、10月に収穫を予定しています。

○さつまいも栽培体験

 栽培が比較的簡単で幅広い人気のあるさつまいも、特に食味が優れている「ベニアズマ」を栽培します。

 約70組の市民が体験しており、5月に植付、10月に収穫を予定しています。
 

地図

所在地:高谷1590他
駐車場:あり
高谷ふれあい農園地図

利用者の皆様へ

落花生栽培体験について

現在、栽培している落花生の生育状況や皆様に作業していただきたいことについて、情報発信します。

○生育状況について

  7月1日に利用者の皆さんに土寄せや中耕、追肥を行っていただき、順調に生育しています。

 落花生は花が枯れた後に子房柄(しぼうへい)が伸びるのが特徴的な野菜です。

 子房柄(しぼうへい)はすでにかなり伸びており、地中に潜り込んで、その先端に身をつけます。

 しかし、降雨量が例年に比べかなり少なく、畑が乾いてきましたので、利用者の皆さんには水やりをお願いします。

 ふれあい農園内に水タンクとジョウロを用意しますが、備品数に限りがあり、

 ジョウロは1つしかご用意できませんので、もしジョウロをお持ちの方はご持参ください。

○作業について

(1)水やり

 降雨量が少なく、かなり畑が乾いてきましたので、利用者の皆さん各自で水やりをお願いします。

 落花生は水をあまり必要としない野菜ですので、あまりやりすぎように気を付けてください。

 目安としては、夏の期間中に1〜2回水やりをし、

 1回当たりの水の量は少し多めに地面が湿ったと感じる程度の量にしてください。

 また、日中の熱い時間帯に水をまくと、葉や茎に着いた水が熱を持ち、葉などを痛めてしまう可能性がありますので、

 気温が低い午前中か、夕方に水やりをしていただきますよう、お願いします。

○その他

 いよいよ子房柄(しぼうへい)が地中に潜り始め、ラッカセイの実を付けようとしています。

 収穫時期は10月上旬〜中旬を予定しておりますので、収穫まで適宜水やりと除草作業をしていただき、

 美味しいラッカセイを栽培しましょう。
平成29年7月1日現在 子房柄
子房柄
平成29年7月1日現在 生育状況
生育の様子1

サツマイモ栽培体験について

現在、栽培しているサツマイモの生育状況や皆様に作業していただきたいことについて、情報発信します。

○生育状況について

 皆様に植え付けていただいた苗は根付き、収穫に向けて成長しています。

○作業について

 美味しく大きなサツマイモを栽培するためには、養分を奪ってしまう雑草をこまめに除草することが重要です。

 最低でも1ヶ月に1回、除草作業をしていただきます様、お願いします。

 除草作業中、マルチ(黒いビニールシート)を破らない様に、お気を付けください。
平成29年6月6日現在
生育の様子3
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 経済部 農政課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目3番2-408号(グランドターミナルタワー本八幡)
農政担当 電話:047-711-1141 FAX:047-711-1144

地方卸売市場担当
〒272-0015
千葉県市川市鬼高4丁目5番1号
電話:047-378-3611 FAX:047-378-3629
  
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで