ホーム > 暮らしの情報 > 安全・防犯 > 防犯 > 電話de詐欺被害非常事態が宣言されました。

電話de詐欺被害非常事態が宣言されました。

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年12月18日

「電話de詐欺被害非常事態宣言」署名式が行われました

 平成30年12月18日(火)、市川市長・市川警察署長・行徳警察署長の連名による、「電話de詐欺被害非常事態宣言」を行いました。

 平成30年11月末現在、市川警察署管内における電話de詐欺被害件数が、県内39警察署のうちワースト1位となってしまい、また、市川市としては、県内ワースト3位という状況を受け、これ以上被害を拡大させないという強い決意を示すものです。
 今後も、市では関係機関・団体と連携し、被害の撲滅に全力で取り組んでまいります。

 電話de詐欺被害非常事態宣言

「県内ワースト3位・市川署管内ワースト1位」の被害です!

 平成30年10月末現在、市川市内では電話de詐欺の被害が113件発生し、県内ワースト3位となっています。被害総額は約1億7千万円にのぼります。
 その内、市川警察署管内においては電話de詐欺の被害が88件発生し、県内ワースト1位の発生件数となっています。被害額は約8千万円にのぼります。

こんな電話は詐欺です!!

犯人は皆様の 不安をあおり、信用できるものを名乗って巧みに誘導し、お金をだまし取ろうとしてきます。


自分の子どもや孫を名乗る者から・・・

「カバンを失くした。」
「大切な書類を失くした。」
「事故を起こしたからお金が必要。」

市役所職員を名乗る者から・・・

「(税金、保険料、医療費等の)還付金がある。」
「すぐにATMで手続きをして欲しい。」

警察官を名乗る者から・・・

「あなたのキャッシュカードが犯罪に使われているので預かります。」
「暗証番号を教えてください。」


これらは、すべて「電話de詐欺」です!!


 

被害にあわないために「対策」をしましょう!

 自分は騙されないと思っていても、相手と会話をすることで冷静に判断ができなくなり、詐欺にあってしまうケースが多発しています。
 詐欺にあわないため、次のことを心がけましょう。

 1.家族を名乗る電話がかかってきたら、話を聞かず一度電話を切り、家族本人に自分からかけなおしましょう。   
 2.家族の間で合言葉を決めておき、電話をする時は、お互いに合言葉を使い本人確認をしましょう。
 3.自宅の電話は常に留守番電話にしておき、必要な電話以外に出ないようにしましょう。
 4.いつもと違い何かおかしいと少しでも感じたら、家族や警察に相談しましょう。
 
 

出前防犯講座を実施しています!

 市川市では、市内の自治会や防犯団体など皆様のもとへ伺い、電話de詐欺の被害状況、手口、対策などについて講話を行っております。
 また、電話de詐欺の手口について分かりやすく開設したビデオを見ながら、どうすれば被害を防ぐことができるのかなについても考えます。 

 講座をご希望の団体は市民安全課までお問い合わせください。

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 市民安全課
〒272-8501
千葉県市川市八幡2丁目4番8号 旧八幡市民談話室
防犯担当     電話:047-334-1129 FAX:047-336-8073
マナー条例担当 電話:047-320-1333