ホーム > 暮らしの情報 > 道路・交通 > 道路の整備・管理 > 人にやさしい道づくり重点地区整備事業

人にやさしい道づくり重点地区整備事業

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月24日
 ■目的
 
主要駅周辺の概ね500m以内を重点地区として、歩道の段差解消、平坦性確保などのバリアフリー化を進め、安全で快適な歩行空間の確保に努めるものです。
 
施行事例
 
・平成27年度完成箇所
 八幡2丁目15〜17番地先(JR本八幡駅北口駅前広場)
■施工前
施工前
■施工後
施工後

 
■人にやさしい道づくり工事 平成28年度工事予定箇所

 ・南行徳1丁目22番〜2丁目19番地先(南行徳駅前通り) L=237m(完成)
 ・南八幡3丁目3番〜4番地先(JR本八幡駅前通り) L=166m(完成)
 ・南八幡4丁目4番〜3丁目5番地先(JR本八幡駅前通り) L=265m
 ・行徳駅前2丁目25番〜湊新田2丁目5番地先(行徳駅前通り) L=377m
 ・八幡2丁目1番〜4丁目2番地先(京成八幡3号踏切)

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 道路交通部 道路建設課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6348 FAX:047-712-6350
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで