ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > その他の関連情報 > 市川市の在宅医療・介護連携について

市川市の在宅医療・介護連携について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年10月4日
市川市では、医療や介護が必要となったときに、住み慣れた地域で、安心して自分らしい暮らしを
人生の最期まで続けることができるよう、医療・介護関係者の連携の構築やスキルアップのため
の支援を行っております。

また、自分らしい暮らしを送るためには、「本人の選択」が最も重視されるべきであり、それに対し
て、本人や家族がどのように心構えを持つかが大切となります。
このため、選択や心構えのために必要なものとして、在宅療養に関する情報を提供しています。

在宅医療とは


自宅などの生活の場に、医師や看護師などが定期的に訪問し、診療や治療、処置などの医療
行為を行うのが「在宅医療」です。
通院が大変なときや退院しても継続的な医療が必要なときに、定期的に医師が診察を行うもの
です。
看護師や介護士も訪問しいろいろな介護サービスと合わせて利用することで、自宅でも安心し
て穏やかな療養生活を送ることができます。
  • 広報いちかわ 平成29年6月17日号「在宅医療を利用して住み慣れた地域で自分らしく」       
  • マイタウンいちかわ 7月1日〜7月7日放送  もご覧ください
「かかりつけ医、かかりつけ歯科医、かかりつけ薬剤師」 

普段から何でも気軽に相談できるようにしておくことが大切です。
 詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。        
                     
          
 

在宅療養を支える専門職をご存知ですか?

市川市では、在宅で受けられる医療・介護サービス、相談先などを知っていただくために、
在宅療養のパンフレットを作成しました。
在宅療養を支える専門職として在宅医、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、歯科衛生士、
リハビリ専門職、ケアマネジャー、訪問介護などの仕事を紹介しています。
 


    こちらをクリックしてちらしをご覧ください。 (PDF)       
  
                                 
 

各団体からお知らせ

市川市介護保険事業者連絡協議会 訪問看護専門部会からのお知らせ 

訪問看護をご存知ですか?

訪問看護師に自宅でお願いできる内容やどこに事業所があるのかをご覧になれます。

こちらをご覧ください。(PDF)
 
訪問看護をご存知ですか?のチラシ
事業者一覧のチラシ

平成29年度講演会及び研修会について

11月18日(土)シルバーライフデザインフェスタ 在宅療養の現場から

在宅医療を考えたり、療養を支える専門職を知っていただく機会になるように、「シルバーライフ

デザインフェスタ 在宅療養の現場から 自分らしく生きよう」を開催いたします。

 医師、歯科医師、薬剤師からのお話、寸劇「自宅で最期を迎えたい」というおじいさんの願いを

叶えた家族と専門職のお話、リハビリテーションの専門職の「体と心を元気に保つ」ための体操

紹介、各団体ブースでは知っておきたい在宅医療に役立つ情報をご紹介いたします。

 
11月18日(土)午後0時30分〜午後4時 市川市生涯学習センター2階 グリーンスタジオ

ぜひ、ご参加ください。

詳細はちらしをご覧ください(PDF)。 事前申込みは不要です。   
 
ちらし

千葉県看護協会よりお知らせ

10月28日に訪問看護基礎研修会が市川市で開催されます

訪問看護師として働いてみませんか?

看護師の資格をお持ちで現在働いていない方、訪問看護に興味がある看護師の方が対象です。

受講料は無料です。

10月28日(土)9時30分から12時30分 全日警ホールで開催されます。

詳細はこちらのちらしをご覧ください。事前申込みが必要です。

問い合わせ先は、千葉県看護協会電話043−245−1712です。
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 地域支えあい課
〒272-0026
千葉県市川市東大和田1丁目2番10号 分庁舎C棟2階
電話:047-712-8518 FAX:047-712-8789
地域づくりグループ 電話:047-712-8519 FAX:047-712-8789
在宅医療・介護連携グループ 電話:047-712-8521 FAX:047-712-8789
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで