ホーム > 暮らしの情報 > 暮らしのできごと > 高齢者 > 介護保険 > 第三者行為(交通事故等)により介護保険サービスを受けるとき

第三者行為(交通事故等)により介護保険サービスを受けるとき

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月25日

65歳以上の方(第1号被保険者)は、第三者行為(交通事故等)により介護保険サービスを受けるときは、市への届出が必要となりました。

 交通事故等の第三者による不法行為(以下「第三者行為」という。)による被害に係る求償事務の取組強化のため、介護保険法施行規則の改正により、平成28年4月1日より、第三者行為により介護保険給付を受ける場合、第1号被保険者は保険者への届出が義務となりました。

・介護保険の被保険者の方は、交通事故などの第三者行為によって状態が悪化した場合でも介護保険サービスを受けることが出来ます。

・ただし、介護保険サービスの提供にかかった費用は加害者が負担するのが原則ですので、市が一時的に立て替えたあとで加害者へ請求することになります。

・市が支払った介護給付が第三者行為によるものかを把握する必要があるため、平成28年4月1日から、介護保険の第1号被保険者の方が、交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、届出が必要となりました。

・交通事故等により要介護等状態になった場合や、状態が悪化した場合は、市の介護福祉課の窓口へ連絡をお願いします。

○国通知 
介護保険最新情報Vol.540 「第三者行為の届出義務化等に係る留意事項について」(平成28年3月31日)(PDF 1,968KB)

○参考
千葉県国民健康保険団体連合会(外部リンク) 
 

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 介護福祉課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
管理グループ 電話:047-712-8540 FAX:047-712-8733
資格給付グループ 電話:047-712-8541
賦課徴収グループ 電話:047-712-8542
認定グループ 電話:047-712-8543
            047-712-8544
包括支援グループ 電話:047-712-8545
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで