ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 20歳になったら国民年金

20歳になったら国民年金

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年7月29日

老後の生活を支える公的年金

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、公的年金は高齢者世帯の平均所得の約7割を占めており、年金所得だけで生活している世帯は、公的年金等を受給している高齢者世帯の6割以上に及んでいます。また、別の調査では、老後の収入として見込むものとして、公的年金の割合が高く、特に50歳以上の方では90%を超えています。このように、公的年金は老後の生活を支える主要な柱としてなくてはならない存在となっています。

20歳になったら全ての方が加入

20歳を迎えたら、国民年金第1号被保険者になるための手続きを行ってください。学生やアルバイトの方も同じです。
(ただし、第2号・第3号被保険者に該当する場合を除きます)
 また、年金手帳(基礎年金番号)は就職のときや年金の諸手続きに必ず必要ですので大切に保管してください。
 

                       年金手帳

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで