ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 保険料のお支払が困難なときは

保険料のお支払が困難なときは

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年4月11日

保険料の免除・猶予を受ける

1.申請免除・納付猶予

 経済的な理由などで、国民年金の保険料の納付が困難になった場合は、保険料が免除または猶予される制度をご利用ください。保険料を未納のままにしておくのではなく、お気軽にご相談ください。
               
 一定の基準により、保険料の免除(全額、4分の3、半額、4分の1)または50歳未満の方は納付猶予制度があります。
               
◎ こんなときは、お早めに免除の手続きを!        
               
(1)収入が少なくて生活に困っている          
(2)失業、営業不振などで保険料を納められない        
               
※60歳以降の任意加入被保険者は、申請免除の対象外です。      
               
※(被保険者以外が届出する場合)被保険者が記入した委任状PDFが必要です。    
               
※申請免除・納付猶予の審査対象となる期間は、一部の納付猶予を除き、2年1ヶ月前までさかのぼれます。(申請が遅くなると万が一の場合、障害基礎年金が受けられなくなることもありますので、早めに申請してください。)
               
※申請免除の審査は、前年の本人及び配偶者(本人が世帯主でないときは世帯主も含む)の所得額が基準となりますので、確定申告または市県民税の申告が必要となります。
※納付猶予の審査は、前年の本人及び配偶者の所得額が基準となりますので、確定申告または市県民税の申告が必要となります。
               
※年金手帳のほか、マイナンバーが確認できる書類、本人確認書類等が必要になります。詳しくはこちらのPDFをご確認ください。

2.法定免除

               
こんなときは、届出を!            
               
 次の事由に該当する場合、届出をすれば一定の基準により保険料が免除されます。ただし、免除期間の年金額は通常より減額されます。
               
(1)生活保護法による生活扶助を受けているとき        
  ※外国人の方は一般の申請免除になります        
(2)障害基礎年金を受給中のとき          
(3)特別障害給付金を受給中のとき          
               
※60歳以降の任意加入した方については、法定免除の対象外です。      
               
※(被保険者以外が届出する場合)被保険者が記入した委任状PDFが必要です。    
               
※年金手帳のほか、マイナンバーが確認できる書類、本人確認書類等が必要になります。詳しくはこちらのPDFをご確認ください。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで