ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 学生で保険料の猶予を希望される方へ

学生で保険料の猶予を希望される方へ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年5月15日

学生納付特例申請について

1.学生納付特例制度が受けられる学校とは      
               
・大学(大学院)、短期大学、高等専門学校、高等学校(盲学校・聾学校等の高等部を含む)、専修
 学校、各種学校、一部の海外大学の日本分校、夜間部、定時制課程、通信制課程
               
※対象校の詳細については、国民年金課までお問い合わせください。  
               
2.手続きに必要なもの          
               
・年金手帳            
・学生証(コピー可、裏面に在学期間の記載がある場合は裏面もコピーしてください)
・印鑑              
               
※所得のある方は、国民年金課までお問い合わせください。    
               
3.提出方法            
               
・窓口申請            
               
 市役所国民年金課・行徳支所福祉課・南行徳市民センター・大柏出張所・市川駅行政サービスセンター
               
・郵送申請            
               
 申請書に必要事項を記入のうえ、学生証のコピーを添付し下記まで送付してください。
               
 <郵送先>            
  272-8501            
  千葉県市川市南八幡2-20-2 市川市役所 国民年金課 資格担当    
               
4.学生納付特例の対象となる期間        
               
・原則4月(または20歳誕生月)から、同年度の3月までです。    
・学生納付特例申請は年度単位です。継続を希望される方は毎年申請が必要です。
・平成26年4月から、保険料の納付期限から2年を経過していない在学期間(申請日時点から2年1ヶ月前までの期間)はさかのぼって申請できますが、4月から翌年3月までを1年度として審査するため、その年度ごとに申請書を提出してください。
 ただし、原則、保険料未納月が対象となります。      
・学生納付特例期間中でも、一定の要件を満たしていないと障害基礎年金が受けられない場合があります。
・学生納付特例の期間は、年金受給資格期間(合算対象期間)として計算されますが、追納しないと老齢基礎年金の年金額に反映されません。
 将来受け取る年金額が減額されることを防ぐため、10年前までの学生納付特例期間について保険料を追納できます。ただし、3年度目以降の期間を追納するときは、当時の保険料に加算額が上乗せされます。
               
5.学生納付特例の決定          
               
・提出された申請書は、日本年金機構で審査されます。
・結果はおおむね2〜3ヵ月後に、日本年金機構から郵送されます。
               
なお、ご不明な点がございましたら、国民年金課までお問い合わせください。  
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで