ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 障がい者 > 医療 > 補装具・日常生活用具について

補装具・日常生活用具について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年7月23日

1.補装具の交付・修理

補聴器、義手・義足、車いすといった補装具の交付および修理を行います。
  • 対象者
    身体障害者手帳を持っている方で、千葉県の判定を受け、補装具の交付判定が下りた方
  • 内容
    • 視覚障がい者
      眼鏡、義眼、盲人安全杖
    • 聴覚障がい者
      補聴器
    • 肢体不自由者
      義手、義足、下肢装具等、車いす、電動車いす、座位保持装置、歩行器、歩行補助杖(一本杖を除く)、重度障害者意思伝達装置

      以上の補装具の交付・修理を行っています。
      ※補装具の種類によって、介護保険の対象になる方は介護保険制度が優先になります。
      ※購入、修理をする前に必ず申請をお願いいたします。(個人で購入・修理された場合は助成できかねます)
      ※18歳以上の方は、本人または配偶者の市民税所得割が46万円以上の場合は、対象外となります。
       18歳未満の方は、保護者の属する世帯の最多収入者の市民税所得割が46万円以上の場合は、対象外となります。
      ※平成30年9月1日以降の申請から寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となる方は、寡婦(夫)控除のみなし適用申請
       が必要となります。
      寡婦(夫)控除のみなし適用についてはこちら
  • 費用
    原則1割負担となります。(負担上限月額 37,200円)
  • 手続きに必要なもの
    1. 身体障害者手帳
    2. 印鑑(朱肉を使用するもの)
    3. 個人番号確認書類の原本(個人番号カード、通知カード、個人番号記載の住民票等)
    4. 本人確認書類(運転免許証等) ※身体障害者手帳をお持ちいただければ不要です。
      • 児童で補装具作成の場合、所定の意見書が必要となります。
      3.4の詳細についてはこちらをご覧下さい。(PDFファイル)
      ※18歳未満の方は、本人と保護者の個人番号確認書類と保護者の本人確認書類が必要となります。
      ※代理の方がお越しの場合は、代理の方の本人確認書類と委任状も必要となります。

      手続きの詳細については、障がい福祉ハンドブックをご確認ください。
  • 窓口
    障がい者支援課
 

2.日常生活用具の給付(地域生活支援事業)

主に在宅の身体障がい者の方に、日常生活の利便を図るための用具を給付しています。

平成31年1月1日より、支給対象種目に「人工鼻」が追加されました。
申請のあった月から支給対象となります。
詳細については、障がい者支援課 福祉グループへお問い合わせください。
  • その他の用具の種類および対象者
    障がい福祉ハンドブックをご確認ください。
  • 費用
    原則1割負担(修理については全額自己負担)
    平成30年9月1日以降の申請から寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となる方は、寡婦(夫)控除のみなし適用申請が必要となります。
    寡婦(夫)控除のみなし適用についてはこちら

     
  • 手続きに必要なもの
    1. 印鑑(朱肉を使用するもの)
    2. 身体障害者手帳または療育手帳
  • 窓口
     障がい者支援課
     行徳支所福祉課(ストマ装具・紙おむつの継続申請のみ)
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 障がい者支援課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 福祉グループ 電話:047-712-8513 FAX:047-712-8727
 相談グループ 電話:047-712-8517 FAX:047-712-8727
 管理・給付グループ 電話:047-712-8512 FAX:047-712-8727