ホーム > 市政情報 > 施設のお知らせ > こども・青少年の施設 > こども館 > 中高生と乳幼児親子のふれあい交流事業

中高生と乳幼児親子のふれあい交流事業

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年9月15日

中高生と乳幼児親子のふれあい交流事業とは

こども館が「次世代育成」として学校と協力し
生徒と地域の乳幼児親子のふれあい交流の場を提供し、
命の大切さ、命の絆を学ぶ事業です


少子化が進行し異年齢交流が乏しくなっている中、次世代育成支援の一環として
中高生が赤ちゃんなど、小さい子とふれあい関わる事で、他者への関心・共感能力を高め、
小さい子に対する愛着の感情を持ち命の尊さと大切さを学ぶとともに、
将来、親になったときの貴重な予備体験をしながら育児不安や虐待の予防につなげることを
目的としています
乳幼児には、成長の刺激を得る機会となり、保護者にとっては将来のわが子の姿をイメージする事で
育児不安を取り除く機会としています
市川南高校生と乳幼児親子のふれあい交流
市川1中生と乳幼児親子のふれあい交流
高谷中生と乳幼児親子のふれあい交流

平成29年度 中高生と乳幼児親子のふれあい交流事業

今年もこの季節がやってきました!!

市内中学校・高校の家庭科の授業に、近隣に住む親子に参加していただき
子育て体験談を話していただいたり、妊娠中のエコー写真を見せていただいたりします。
反抗期のときの気持ちを語ってくれた学生の話に、参加保護者が耳を傾けるといった場面もありました。

現代、なかなか異年齢交流をする機会が少ないと思います。
この機会に是非、現代の中学生・高校生との交流をしてみませんか??
ご参加お待ちしております!!
※交流日の前に、説明会(親子ガイダンス)を行っております。
 交流事業参加希望親子は、説明会への参加をお願いしています。

29年度日程表
 
担当館 中学校・高校 日程 時間 申込
チラシ
中央
こども館
千葉県立
国分
高等学校
10月24日(火)・25日(水)・27日(金)・31日(火)
11月1日(水)・2日(木)
午前9時50分〜11時40分
(10月31日のみ
午前9時50分〜11時40分と
午後1時25分〜3時15分)
国分高生徒との
ふれあい交流
南八幡
こども館
市川市立
高谷
中学校
10月25日(水)・26日(木)・27日(金)
11月1日(水)・2日(木)
午前9時30分〜11時30分 高谷中生徒との
ふれあい交流
南八幡
こども館
千葉県立
市川南
高等学校
10月13日(金)
11月10日(金)
午前9時30分〜11時35分 市川南高生徒との
ふれあい交流
市川
こども館
市川市立
第1
中学校
10月13日(金)・18日(水)・20日(金) 午前9時35分〜11時25分 第1中生徒との
ふれあい交流

29年度 夏休み館内ふれあい交流(報告)

29年度も夏休みにこども館内でふれあい交流を行いました!!

乳幼児親子と一緒に体操や手遊びをしたり、絵本やパネルシアターを披露してくれるお兄さん、お姉さん。
楽しいひとときを過ごしました
また、来年も実施いたしますので、ぜひ参加してくださいね!!
 
 

28年度 中高生と乳幼児親子のふれあい交流(報告)

28年度も無事終了しました。

今年度インフルエンザによる中止になった学校もあり、非常に残念でしたが
実施した学校では楽しいひと時を過ごしました。

毎年好評の事業で、親子さんのご協力があっての事業といっても過言ではありません。
本当にありがとうございました。

 【市川市立第1中学校の様子】
手作り絵本の読みきかせをする中学生 写真を見せてもらう中学生 ミルクあげ体験する中学生

 乳児とふれあう中学生 幼児とあそぶ中学生 ミルクあげ体験する中学生

 【市川市立高谷中学校の様子】

乳幼児と遊ぶ中学生 大型絵本を読み聞かせする中学生 中学生を見つめる幼児 

幼児をひざに乗せ一緒に体操をする中学生 保護者から話を聞く中学生


【県立市川南高校の様子】

グループで話をする高校生と乳児親子 ミルクつくりを体験する高校生 保護者の話を聞く高校生

乳児とシフォンスカーフで遊ぶ高校生 乳児を抱っこ体験する高校生

【市立南行徳中学校生とのふれあい交流の様子】

育児資料を見せてもらう中学生 乳児を抱える中学生 保護者に質問する中学生

幼児とふれあう中学生 幼児にはなしかける中学生

28年度 夏休み 館内ふれあい交流(報告)

今年もこども館では、夏休み中に中高生と乳幼児親子が交流できる事業を取り組みました

乳幼児親子と小・中・高校生が一緒に体操・手遊び・ふれあい遊びを行い
大きいお兄さん・お姉さんのひざに乗ってのふれあい遊びや、手遊び等を一緒に楽しみました
夏休みボランティアとして参加した、小・中・高校生による絵本やパネルシアターもあり、
親子も、中高生も楽しいひと時を過ごしていました

【中央こども館】 実施日平成28年7月22日(金)・27日(水)

中高生のひざに乗ってふれあい遊びをする乳幼児 中高生によるパネルシアターを見る親子 親子と一緒にハンカチ遊びをする学生

【市川こども館の様子】 実施日平成28年7月28日(木)・29日(金)

乳幼児親子と学生ボランティア新聞遊びの様子 育児体験談を聞く学生ボランティア 乳幼児と学生ボランティアが手をつないで体操をする様子
学生ボランティアと乳幼児が手をつなぐ様子 学生ボランティアによる大型絵本の読み聞かせ パネルシアターを演じる学生ボランティア

【南八幡こども館】 実施日平成28年7月29日(金)

南八幡こども館館内ふれあい交流の様子 南八幡こども館館内ふれあい交流の様子

27年度 中高生と乳幼児親子のふれあい交流事業 報告

毎年恒例、中高生と乳幼児親子とのふれあい交流事業、27年度実施終了しました!!

参加していただいた親子の皆さんには、おなかの中の赤ちゃんが写る写真(エコー写真)や、
赤ちゃんの成長記録などを持参していただき、資料を見ながら、子育てに関する中高生からの
質問等に答えていただきました。

地域交流・次世代育成・異年齢交流など、いろいろな要素をもっているこの事業。
今後も実施していく予定ですので、是非、ご参加ください!!


【南行徳中学生との様子】 

南行徳中は相之川こども館に来てくれます。(ありがたい!!) 
乳幼児も場所見知りなく過ごせるのが特徴です
乳幼児保護者に育児について質問をする中学生 乳幼児親子にエコー写真を見せてもらう中学生 乳幼児親子と係わりながら育児体験を聞く中学生

南行徳中学生とこども館参加親子の報告はこちらから


【高谷中学生との様子】

乳幼児親子と中学生で新聞遊び 妊婦のお腹を触らせてもらう女子中学生 乳児を抱いてあやす男児中学生


高谷中学生とこども館参加親子の報告はこちらから


【国分高校生との様子】 

高校生ともなると、数年後には保護者になっていてもおかしくない年齢。体験談を聞く姿勢も真剣で質問などもより具体的です。
数年前にふれあい交流に生徒として参加していた方が保護者になって後輩に次世代育成という場面も見られました。
父母参加の幼児保護者に質問をする高校生 乳児の抱き方を保護者から学ぶ女児高校生 絵本にあわせて幼児を抱き上げる高校生

参加保護者に育児について体験談を聞く高校生 乳児にミルクをあげる体験をする男児高校生

27年度 夏休み 館内ふれあい交流(報告)

こども館では、夏休みボランティアの中高生と乳幼児親子がふれあえる交流事業を
実施しました
館によっては、小学生とのふれあい交流も行ないました

小学生「子育てで大変な事は何ですか?」
保護者「2時間おきに赤ちゃんが起きるので、ミルクをあげたり、抱っこしたりして寝かしつけています」
小学生「え!?そんなに寝てないんですか!!」

保護者からの子育てについての話にこども達は驚きと発見があり、
小学生親子の日常の様子を聞いた乳幼児の保護者は、成長したわが子との未来を想像する機会になったようです。

来年度も、実施予定ですので是非、ご参加下さい!!

中央こども館館内ふれあい交流の様子 市川こども館館内ふれあい交流の様子 南八幡こども館館内ふれあい交流写真

26年度のふれあいの様子(報告)

26年度も無事ふれあい交流事業が終了しました。
お忙しい中ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。
今年度は新たに高谷中学校も加わり、国分高校、第一中学校、南行徳中学校の
生徒さん達とふれあい交流を実施しました。
その様子をご覧ください。

    国分高校の様子
    第一中学校の様子
    高谷中学校の様子
    南行徳中学校の様子
    
 
ふれあい交流事業は、自然な親子の姿を見たり、出産の話を聞いたりする中で、
中高校生にとって命のたいせつさや、自分の小さい頃を思い出し、将来の事を考えたり
学びの多い時間となっています。

 また親子にとっては、年長児童の新鮮な反応に触れることで、わが子への思いや成長を
再認識する機会となります。普段とは異なる変化に富んだ体験やあそびも、乳幼児の発達を
促すでしょう。

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 子育て支援課 中央こども館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3337 FAX:047-320-3349
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで