ホーム > 暮らしの情報 > 暮らしのできごと > 妊娠・出産 > 妊娠したとき > 妊婦一般健康診査 償還払い(払い戻し)の申請

妊婦一般健康診査 償還払い(払い戻し)の申請

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月1日

市川市と契約を交わしていない県外の医療機関等で、妊婦一般健康診査受診票を利用せずに 妊婦健診を受けた方へ

妊婦一般健康診査受診票(別冊)は千葉県内、及び市川市と契約を交わした県外の医療機関等で利用できます。
契約を交わしていない県外の医療機関等で、受診票を利用せずに妊婦健診を受けた場合に限り、受診票の公費負担額を上限として、払い戻しを受けること出来ます
注)契約の有無については、医療機関および助産所を受診される前に、必ず保健センターにお問い合わせ下さい。

※H28年度4月1日より、H28年4月1日以降に助産所で受けた妊婦健診についても償還払いの対象となりました。

詳細はこちら → 妊婦一般健康診査について

                                                                                        

手続きに必要なもの

以下のものをご持参の上、各保健センターに申請してください。

 ・ 申請書(下記の申請書をダウンロードしてください。来所時に記入することもできます)
 ・ 母子健康手帳(健診結果の記入があるもの)
 ・ 未使用の妊婦一般健康診査受診票(別冊受診票の太枠内に氏名、住所、生年月日を記入) 
 ・ 領収証(妊婦氏名・病院名・健診日・妊婦健診の内容と自己負担金が記載されているもの)
 
・ 印鑑(朱肉を使用するもの)
 
・ 銀行振込み口座(妊婦本人名義のもので、銀行名・支店番号・口座番号がわかるもの

 ※ゆうちょ銀行の場合、他銀行からの振込み専用番号が必要です(店番号3ケタ、口座番号7ケタ)通帳に記載されていない場合は、郵便局にお問い合わせください。

 

 

   申請書のダウンロード  ← こちらをクリックしてください


 

ご注意ください!

・ 市川市に住民登録されている方に限ります。
・ 健診後早めに(妊婦一般健康診査受診日から3年を経ないうちに)申請してください。

・ 母子健康手帳発行後に受けた妊婦一般健康診査が対象となります。
・ 払い戻しの対象になるのは、母子健康手帳に健診結果の記載があるものに限ります。
・ 医療機関での妊婦健診が対象となります。 
・ 1回の妊娠にあたり公費負担の回数は、14回が上限です。
・ 申請には、領収書の原本が必要です。確定申告前に償還払いの申請をしてください。 
・ 申請手続きには、30分程度かかりますので、時間に余裕をもってお越しください。

この制度は平成21年4月1日より開始されました。     


  

問い合わせ先


市川市保健センター(妊婦健康診査担当)    電話:047−377−4511

南行徳保健センター                     電話:047−359−8785

 

 

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで