ホーム > 暮らしの情報 > 防災 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年5月12日
弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合には、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防災行政無線からサイレン音が流れるほか、携帯電話に緊急速報メール、twitter、Facebookなどが配信される可能性があります。防災行政無線が流れた場合や緊急速報メールなどを受信した場合は、ただちに以下の行動をとってください。

弾道ミサイル落下時の行動について(1)

弾道ミサイル落下時の行動について(2)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

スマートフォンアプリ等による国民保護情報配信サービスの活用について

弾道ミサイル情報等の国民保護情報について、現在、Jアラートを通じて防災行政無線や登録制メール等により伝達を行うほか、消防庁から携帯大手事業者を経由してエリアメール・緊急速報メールによりスマートフォン等に配信されます。
お持ちのスマートフォン等が受信できるかどうか平時から確認しておきましょう。

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 危機管理課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8563 FAX:047-712-8762
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで