ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(市指定)−鬼高遺跡出土一括遺物

文化財(市指定)−鬼高遺跡出土一括遺物

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月14日

鬼高遺跡出土一括遺物(おにたかいせきしゅつどいっかついぶつ)

鬼高式土器
鬼高式土器
 鬼高遺跡から出土した土器はその分類・分析により鬼高式土器と命名されて、時代を決定する標式土器となりました。土器編年上は鬼高期と呼ばれ、古墳時代後期(5世紀末から7世紀ごろ)にあたります。

 また、土器のほかに魚網の錘として使われた長さ10センチメートル前後の土錘や、かつて国の重要美術品に指定されていた鹿角製の刀装具も発掘されており、これらは市立市川考古博物館に保存・展示されています。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)